道路・都市…文明はどう残る 日経読書面今週の5冊2021年7月31日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

FOOTPRINTS 未来から見た私たちの痕跡 デイビッド・ファリアー著

>>日経電子版で書評を読む 道路・都市…文明はどう残る

原題=FOOTPRINTS(東郷えりか訳、東洋経済新報社・2640円) ▼著者は英エディンバラ大の英文学と環境学の教授。本書で英国王立文学協会のジャイルズ・セントオービン賞受賞。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


チャリティの帝国 金澤周作著

>>日経電子版で書評を読む 民間の活動が動かした歴史

(岩波新書・946円) かなざわ・しゅうさく 72年生まれ。京大教授。専門は近代イギリス史。著書に『チャリティとイギリス近代』など。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


日本の体罰 アーロン・L・ミラー著従順な身体を生産した暴力

>>日経電子版で書評を読む 従順な身体を生産した暴力

原題=DISCOURSES OF DISCIPLINE(石井昌幸ほか訳、共和国・3960円) ▼著者は80年米国生まれ。専門は文化人類学、日本研究。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


ヘヴィ キエセ・レイモン著

>>日経電子版で書評を読む 黒人たちが抱えているもの

原題=HEAVY(山田文訳、里山社・3190円) ▼著者は74年生まれ。作家。本書はアンドリュー・カーネギー賞ノンフィクション部門賞を受賞している。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


海神の子 川越宗一著

>>日経電子版で書評を読む 複眼的な視座の『国性爺合戦』

(文芸春秋・1760円) かわごえ・そういち 78年大阪府出身。18年『天地に燦たり』で松本清張賞、19年刊行の『熱源』で直木賞。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


ビジネス書などの書評を紹介