SKY-HI 1人1人に「課題を渡す」ことを大切にした理由連載 SKY-HI「Be myself, for ourselves」(11)

日経エンタテインメント!

SKY-HIによるボーイズグループのオーディションプロジェクト「THE FIRST」は、いよいよ8月13日にデビューメンバーを発表する。

SKY-HI(日高光啓)は新しいボーイズグループ結成のためにオーディション「THE FIRST」を開催(写真:上野裕二)

オーディションのある時期から、SKY-HIは「審査」という言葉をあまり使っていない。この合宿、ひいてはオーディション自体が「選ぶ」ことではなく、「育てる」ことが目的である。これまでも何度も話していたことではある。

そもそも、BMSGというマネージメント&レーベルを立ち上げ、「THE FIRST」というオーディションを始めたきっかけの1つに、国内で埋もれている才能を生かしたいという思いがあった。実際、このオーディションのなかで次の審査へ進めずに去ることになった参加者にも、SKY-HIは、彼らの成長のヒントとなる言葉を丁寧に渡している。

「シンプルかつ真面目な話、(最終メンバーに残れなくても)その人の未来がここで終わるわけではありません。もちろん、『脱落する』ということは、僕が『今回デビューさせるグループのメンバーになる可能性が低い』と判断したということにはなります。

同時に、応募していただいた立場として、(彼らにとっての)今後の成長のきっかけになる何かをつくって渡したいという気持ちがあります。脱落・合格問わず、自分ができる範囲内で、それぞれの課題を明確化して話しています。こういうオーディションで一番良くないのは、脱落したときに自分は何がダメだったのか本人が分からないまま、悩んでしまうこと。その“最悪”を避けるためにも、僕自身が直接理由を話して、1つでも課題を渡すことが大事だと考えています。

1カ月にわたる合宿期間中は、ダンスやボイストレーニングなどのトレーナー陣も入れ代わり立ち代わりで僕ら(SKY-HIとボーイズ)と一緒にいました。とても心強かったですね。もちろん、寝食を共にしている僕のところにも、彼ら(ボーイズ)はいろいろ質問や相談に来てくれました。僕が直接答えるときもあれば、『ボイトレの時間に、こんな聞き方をしてみたら?』『ダンストレーナーにこの部分を教えてもらったら?』などと、他のトレーナーへの橋渡しをすることもありました。彼ら(ボーイズ)1人1人が抱える課題を整理することは、僕の役割の中で大きかったかもしれません」

次のページ
「人」と「人」としてボーイズと向き合った得難い1カ月
エンタメ!連載記事一覧