Windows 10タッチパッド・マウス 快適に動かす設定Windows 10 使いこなしてスキルアップ(2)

「Windows 10(ウィンドウズ10)」を使いこなしてスキルアップする技を紹介する連載の2回目。今回はタッチパッドとマウスの設定を見直して使いやすくする方法を紹介する。

◇   ◇   ◇

パソコンで作業をする際、頻繁に操作するのがタッチパッドやマウスだ。しかし、ウィンドウズ10を初期設定のまま使っていると、何かと使いづらいと感じることも多い。今回はタッチパッドやマウスでの操作が快適になる設定方法を紹介する。

タッチパッドのタップ感度を調整

タッチパッドの設定をカスタマイズするには、まず「設定」の「デバイス」から「タッチパッド」を開く。「タッチパッドの感度」では、タッチパッドを指でたたくタップ操作をした際の感度を4段階で調整できる(図1)。

図1 スタートメニューの歯車ボタンを押し、「設定」画面から「デバイス」を開く。「タッチパッド」をクリックし(1)、「タッチパッドの感度」のメニューを開くとパッドをタップした際の感度を4段階から選択できる(2)(3)

ノートパソコンでマウスを使う際、タッチパッドの誤動作を防ぎたいなら、「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックを外しておこう。マウスを接続すると、自動的にタッチパッドが無効になる(図2)。

図2 図1と同じタッチパッドの設定画面で、「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックを外すと、マウスを接続した際、自動的にタッチパッドが無効になる

ポインターの移動速度は「カーソルの速度を変更する」のスライダーを動かして調整できる(図3)。タッチパッドで操作した際のポインターの速度が変更される(マウスで操作した際の速度は、図11の手順で変更する)。

図3 同じくタッチパッドの設定画面で、「カーソルの速度を変更する」のスライダーを左右に動かすことで、タッチパッドを指でなぞった際のポインターの速度を10段階で変更できる

タッチパッドをタップすることで、クリックや右クリックといった動作も実行できる(図4)。オンオフできる動作は表1に示した4つ。必要な動作にチェックを入れ、不要なものはチェックを外しておこう。各動作をオンにした際、文字入力中にタッチパッドに指が触れ誤動作してしまう場合は、図1で感度を低めに設定しておく。

図4 タッチパッドの設定画面では、タッチパッドをタップしたときの特定の動作をオンオフできる。
表1 タッチパッドをタップしたときにオンオフできる操作の内容

「2本の指をドラッグしてスクロールする」をチェックすると、ボタンを押さなくても手軽にスクロールできるのでオンにしておきたい。その際、指を滑らせた方向とスクロールする方向を逆にするかどうかも選べる(図5)。

図5 「スクロールとズーム」の「2本の指をドラッグしてスクロールする」にチェックを入れると、タッチパッドを2本指で上下になぞってウインドウ画面をスクロールできるようになり(1)、「スクロール方向」で動く方向も選択できる(2)。「ピンチ操作によるズーム」にチェックを入れると、2本の指を広げたり狭めたりしてウインドウ内を拡大縮小できるようになる(3)

タッチパッドが対応していれば、3本指や4本指でタップしたときなどの動作も設定できる(図6)。

図6 タッチパッドの設定画面で、「3本指ジェスチャ」にある「スワイプ」のプルダウンメニューから、タッチパッドを3本指で上下左右に素早く払う操作をした際の動作を指定できる(1)(2)。また、「タップ」では3本指でタッチパッドをたたいた際の動作も指定できる(3)(4)。なお、「4本指ジェスチャ」では、4本指で同様の操作をしたときの動作が指定できる
次のページ
ポインターの動きもカスタマイズ
MONO TRENDY連載記事一覧