脳卒中は夏も要注意 簡単「血管ストレッチ」で予防

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF
日経Gooday(グッデイ)

2021年6月21日、バイエル薬品はオンラインセミナー「夏の脳卒中を防ごう~健康寿命の延伸を目指して 自宅でできる予防ストレッチを学ぶ」を開催した。日本医科大学大学院医学研究科 大学院教授の木村和美さんが脳卒中の基本的な予防方法を、立命館大学スポーツ健康科学部教授の家光素行さんが脳卒中を防ぐ「血管ストレッチ」について解説。最後に脳卒中を経験した女優の河合美智子さんが自身の体験談を語った。その内容をお届けしよう。

脳の血管が詰まる「脳梗塞」、脳の血管が破ける「脳出血」と「くも膜下出血」。脳卒中とは、この3つの病気の総称だ。寒くて血圧が上がりやすい冬とともに、汗をかいて脱水症状になりやすい夏もまた脳卒中を起こしやすい季節とされる。

がんや心臓病と並んで日本人の死因の上位を占めるだけでなく、一命を取り留めても半身マヒや失語症など重い後遺症が残ることが多い。2019年 国民生活基礎調査によると、要介護の中でも最も重い5(寝たきり)になる原因の第1位が脳卒中(24.7%:下グラフ)。認知症の原因としても、アルツハイマー病に続いて第2位となっている。

脳卒中は寝たきり状態になる大きな原因

介護が必要となった主な原因を要介護別に見た。要介護5では脳血管疾患(脳卒中)が第1位(2019年 国民生活基礎調査)

「しかし、脳卒中は予防できる病気です。高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙などがあると脳卒中を起こしやすい。脳卒中にならないためには、これらの危険因子を1つずつ減らしていくことが大切です」と日本医科大学大学院医学研究科 大学院教授の木村和美さんは話す。

動脈硬化を進める危険因子とは?

脳卒中の背景には動脈硬化がある。動脈硬化が進んで狭くなった血管に血栓(血の固まり)が詰まることが多い。この動脈硬化を進めるのがタバコ、そして高血圧や糖尿病といった生活習慣病だ。生活習慣病は文字通り「良くない生活習慣」から起こる。すなわち、糖分や脂肪の多すぎる食生活、塩分のとりすぎ、お酒の飲みすぎ、運動不足などだ。

「このような悪い生活習慣によって、高血圧、糖尿病、脂質異常症、さらに心房細動も起こると言われています。脳卒中を防ぐには、まず禁煙。そして太っているならダイエット。体重を減らすため食事の量を減らし、運動の習慣を持ちましょう」(木村さん)

実は木村さん自身、61歳のときには太っていて、複数の生活習慣病も抱えていたという。身長168cmに対して体重76kg、腹囲は93cmもあった。高血圧、糖尿病、さらにLDLコレステロール(いわゆる「悪玉コレステロール」)も高めで、典型的なメタボリックシンドロームだった。脳卒中の危険因子をいくつも持っていたことになる。そこで一念発起してダイエットを始め、半年で10kgの減量に成功。すると血圧、血糖値、コレステロール値がすべて正常値になったそうだ。

このようにメタボの人は原因となっている内臓脂肪を減らすことで、血圧や血糖値が正常化することが多い。しかし血圧やコレステロール値は体質もあり、ダイエットすれば必ず改善するとは限らない。その場合は、薬を飲むことで改善できるという。

不整脈には要注意

最近、脳卒中の原因として注目が高まっているのが「心房細動」という不整脈だ。心房細動とは、心臓の心房という部分がけいれんすること。心房内の血液の流れがよどみ血栓ができやすくなり、脳梗塞のリスクが高くなる。心房細動は重症の脳梗塞を起こしやすい。つまり死亡率や大きな後遺症が残る可能性が高いわけだ。

心房がけいれんするため脈が不規則になり、動悸(どうき)や胸の苦しさなどを感じることも多いが、「約半数は自覚症状がない」と木村さん。なかなか気づきにくいので、50歳を過ぎたら自分で脈をチェックする(検脈)習慣を持つことが大切になるという(下カコミ参照)。

脈が不規則なら心房細動かもしれない。その場合は医師に相談し、心電図検査を受けよう。心房細動と診断されたら、血液を固まりにくくする薬を飲むことで脳梗塞のリスクを低くできる。

「運動、食事、禁煙、そして検脈。最後に薬。日本脳卒中協会では川柳形式の『脳卒中予防十か条』というものを作っています。脳卒中は予防できる。自分の健康は自分で管理することを心がけ、脳卒中を防ぎましょう」(木村さん)

正常な心臓(左)では、洞結節から規則正しく送られる信号が心房に伝わり収縮する。さらに、心房から房室結節に伝わり、左右の心室に伝えられ、心室が収縮する。ところが、異常な信号が心房付近で起こると、心房が小刻みに震えて不整脈になる(右)。原図=123RF
次のページ
脳卒中を防ぐ5つの「血管ストレッチ」
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント