ディズニーが和製スター・ウォーズ 日本アニメ争奪戦

ディズニープラス オリジナルシリーズ「スター・ウォーズ:ビジョンズ」のジャパン キックオフイベントより
日経クロストレンド

米ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」は、映画「スター・ウォーズ」シリーズを題材にした短編アニメ企画「スター・ウォーズ:ビジョンズ」を立ち上げた。日本のアニメ制作会社7社による9作品を2021年9月22日から世界で独占配信する。「Netflix(ネットフリックス)」をはじめとする世界的な動画配信サービスによる日本アニメの争奪戦が過熱しそうだ。

「スター・ウォーズ:ビジョンズ」に参加するのはジェノスタジオ(東京・杉並)、プロダクション・アイジー(東京都武蔵野市)など計7社。いずれもテレビアニメや劇場アニメで実績のある制作会社だ。

スター・ウォーズ:ビジョンズの参加制作会社、作品タイトル、監督

スター・ウォーズ:ビジョンズは、世界のトップアニメクリエイターたちが独自の視点で「スター・ウォーズ」の新たな物語をアニメ作品として紡いていく一大プロジェクト。その第1弾として日本が選ばれたのは、「スター・ウォーズ」にとって日本は、作品創造のルーツともいえる国だからだ。

「スター・ウォーズ」シリーズを制作してきた米ルーカスフィルムのエグゼクティブプロデューサーであるジェームズ・ウォー氏は、プロジェクトのキックオフイベントに「日本のアニメは、長期にわたってルーカスフィルムにインスピレーションを与え続けてくれた。この作品はそんな日本のアニメを生んだ日本文化へ贈る、ルーカスフィルムからのラブレターだ」とのビデオメッセージを寄せている。

次のページ
スター・ウォーズの原点を別の主人公で
MONO TRENDY連載記事一覧