Windows 10を使いこなす 個人設定切り替え効率UPWindows 10 使いこなしてスキルアップ(1)

ほとんどの人が使っているであろうマイクロソフトのOS(基本ソフト)「Windows 10(ウィンドウズ10)」。一通りの操作方法は誰しも習得しているだろうが、便利なソフトや機能、効果的な設定を知らずに、生産性を落としていることがままある。そこで今回はウィンドウズ10を使いこなしてスキルアップする技を紹介する。

デスクトップ画面はシンプルに

デスクトップ画面などの見た目を変更できるウィンドウズ10の「個人用設定」。見た目だけでなくさまざまな表示項目をオンオフすることで、自分がよく使う機能だけを表示させるなど、使い勝手の改善も図れる。この「個人用設定」をカスタマイズして、操作しやすい環境を作る方法を紹介しよう。

まず、デスクトップ画面の背景。お気に入りの写真などを表示させてもいいが、アイコンや文字を見やすくしたいなら、シンプルな「単色」の設定がお勧めだ。

背景を単色表示にするには、「設定」から「個人用設定」を開き、「背景」をクリック。「背景」メニューから「単色」を選択する(図1)。色のサンプルが表示されるので、好みの色をクリックすればよい(図2)。サンプルの中に好みの色がない場合は、「ユーザー設定の色」をクリックすれば、自分で好きな色を作成することもできる(図3)。

図1 スタートメニューの歯車ボタンを押し、「設定」画面から「個人用設定」を開く。この画面は、デスクトップ画面の何もないところを右クリックし、メニューから「個人用設定」を選んでも開く。「背景」をクリックし(1)、「背景」のプルダウンメニューから「単色」を選択する(2)
図2 「背景色の選択」から好みの色をクリックして選択すれば(1)、デスクトップ画面の背景がその色に切り替わる(2)
図3 図2で「ユーザー設定の色」をクリックすると、自分で色を作成して背景に設定できる。好みの色を作成したら「完了」をクリックする(1)~(4)
次のページ
ロック画面のメッセージも消す
MONO TRENDY連載記事一覧