powered by 大人のレストランガイド

夏だ!肉だ!ジンギスカン! 野菜と一緒にヘルシーに

「大衆ジンギスカン酒場ラムちゃん」有楽町店は、JR有楽町駅から東京駅に向かうガード下にある
「大衆ジンギスカン酒場ラムちゃん」有楽町店は、JR有楽町駅から東京駅に向かうガード下にある

なんとなくジンギスカンの店が増えている気がする。もちろん正確な統計などないので、あくまで肌感覚なのだが、牛焼き肉はなんだかんだ言って、そこそこのお値段がするし、ホルモンは、煙モクモクのイメージがある。そんな隙間をついて、ジンギスカンが来ているのではないか? ヘルシーイメージもあるし。

今回紹介するのは「大衆ジンギスカン酒場ラムちゃん」。現在、都内に5店ある。御徒町、八王子、町田、浅草橋に加えて、7月1日に有楽町店がオープンした。虎ノ門、有楽町、新橋かいわいにお勤めの方ならピンと来ると思うが、JR有楽町駅から北の東京駅方面に少し行ったガード下。東京国際フォーラムの真横だ。

すでに開業しているほかの店はすごく混んでいて、御徒町店に休日の午後4時に行ったら長蛇の列。予約でいっぱいだという。出直して、何とか行った。オープンしたての有楽町店も平日の午後4時くらいだったので、何とか入れた。

「ラムちゃん」では、食べ慣れないラム肉の焼き方をスタッフが丁寧に教えてくれる

「ラムちゃん」という店名の通り、ここはラムの専門店。「ラムって何」という話だが、外食記者歴30年の知識を少しひけらかそう。

ラムは、羊肉というのはご存じだと思うが、生後12カ月未満の若い羊から取り出したのが「ラム」。似たものに「マトン」があるが、こちらは24カ月以上生育した生羊の肉。丸めて冷凍し、薄切りにした状態で流通することが多い。北海道旅行に行って、ビール園でランチをした時に食べ放題で出てくるアレだ。独特な香りがあり、それを嫌う人もいる。

ラムはその点、若い羊のため、くさみがほとんどない。さらにひけらかすと、ラムは国産もあるが、ほとんどが輸入品。主要産地はオーストラリアとニュージーランド。輸入先はこれら2カ国に続いて、フランス、米国。最近はアイスランドからも入っている。「ラムちゃん」の肉も、おそらくトップ2カ国の肉をチルド(冷蔵)で輸入し、使っていると思われる。だからあっさりだ。3度目のひけらかしをすると、ラムとマトンの間、12~24カ月の育成期間の羊肉は「ホゲット」という。あまり流通していないが。

有楽町店の店内

前振りが長くなった。さっそく「ラムちゃん」の説明に移ろう。

ネーミングも秀逸と思うが、「ラムちゃん」は、コスパの良さとドリンクのシステムに他店にはない面白さがある。

次のページ
スジが少なく、さくっとかみ切れる
メールマガジン登録
大人のレストランガイド