納車1年待ちホンダ「ヴェゼル」 異例の大胆路線変更

発売されるや人気モデルとなった2代目ホンダヴェゼル。ガソリンモデルは227万9200円(税込み、以下同)から、「e:HEV」(ハイブリッド)モデルは265万8700円から

ホンダは2021年4月、コンパクトSUV(多目的スポーツ車)の新型ヴェゼルを発売した。高い人気を誇った前モデルから大胆にイメージチェンジした2代目ヴェゼルだが、早くも1年待ちのグレードが出るほどの大ヒットとなっている。新型はどう変わったのか、自動車ジャーナリストの小沢コージ氏がリポートする。

あえて大胆な路線変更で勝負に

前モデルから大きくイメージチェンジしたフロントマスク。ボディーと同色化され、フチ取りがなくなったフロントグリルが新鮮だ

ホンダの新型ヴェゼルが売れている。初期1カ月の受注が3万2000台を超え、人気グレードに至っては納期がほぼ1年待ち。だが、それも実車を見ると納得できる。ヴェゼルは、いろいろな意味で、かつてのホンダの流儀から逸脱した意欲作なのだ。

例えばエクステリア。初代の抑揚あるデザインも良かったが、思い切ってイメージを一新。直線的で塊感のある上品な造形に変ぼうしている。個人的には、北欧辺りの欧州車的なムードすら感じる品の良さだ。

このような大胆な路線は、ホンダ車としては異例のこと。フィットにしろ、シビックにしろ、これまで同社はヒット作の次作は、必ずキープコンセプト路線を選んでいた。そのほうが確実に売れるし、ファンも安心できる。

しかし、大ヒットした初代ヴェゼルの後を継ぐ2代目は、がらりとテイストを変えて勝負に出た。相当な覚悟であったことは間違いない。

全長は先代モデルの後期型とほとんど同じ、4330ミリメートル。全高が15~25ミリメートル低くなり、スポーティーなシルエットに
Z(FF)およびPLaYグレードには18インチタイヤを標準装着。最低地上高も195ミリメートルと高く、SUVらしい迫力がある
横一文字のライトが特徴的なリヤのデザイン。細くまとめられたライトが、精悍(せいかん)な印象を与える

力が入っているのはエクステリアだけではない。室内の広さもライバルに対して圧倒的なアドバンテージを発揮している。全長×全幅×全高は4330×1790×1580(大径タイヤを履く中間グレードのZおよび上位グレードのPLaYは1590)ミリメートルで、全長は初代ヴェゼルの後期型とほぼ同じ。2610ミリメートルのホイールベースも変わっていない。幅が20ミリメートル広がり、高さが15~25ミリメートル低くなっているが、大きな差ではない。

ところが、実際に乗ってみるとリアシートがヤケに広いのだ。身長176センチメートルの小沢が座ってもヒザ前にコブシ3つが余るほど。どうやらリアシート全体が以前より低く、後方に配置されているようだ。その分、視点は下がるものの、コンパクトSUVとは思えないほど広々としている。

広大な後席スペースを確保しながらも、ラゲッジ容量は初代と変わらぬ390リットルをキープ。競合車からみると驚異的だろう。

身長176センチメートルの小沢がドライビングポジションを取った状態でも、後席はこのゆとり。膝前のスペースは広々といっていいほど余裕がある
ラゲッジ容量も先代モデルと同じ390リットルを確保。ZおよびPLaYグレードはボタン一つで開閉できるパワーテールゲートも備える
次のページ
細部までこだわりが見てとれるインテリア
MONO TRENDY連載記事一覧