土屋信行・リバーフロント研究所技術審議役「実効性ある情報提供を」

東京都や江戸川区の職員として防災を担当し、「水害列島」「首都水没」などの著書があるリバーフロント研究所の土屋信行・技術審議役に聞きました。

――今年も水害が相次いでいます。

土屋信行・リバーフロント研究所技術審議役

「7月豪雨と命名される水害がここ何年も続き、定番になってしまっている。しとしと雨で済んでいた梅雨の時期に大雨が降るようになったのは地球温暖化の影響だ。日本近海ではここ50年で2℃海水面温度が上がった。海水面温度が上がれば気温も上がり、空気中に水蒸気がたっぷり含まれるようになる。すると太陽光線を吸収してさらに気温が上がり、高温多湿で水蒸気を非常に多く含む状況になる」

「梅雨の時期は、停滞前線が構成され、高温多湿の大気の下にオホーツク海の寒気団がくさび形に潜り込み、上昇気流をつくって雨を降らせる。海水面温度が高いと雨を降らせても次から次へと水蒸気が供給され、一向に大気が乾かない湿舌という状態になる。これが同じ場所で積乱雲が次々にできるバックビルディング現象を起こし、線状降水帯を発生させている。線状降水帯の発生を早く予測できるよう、観測網やレーダーの整備を急ぐべきだ」

――海水面温度の上昇は台風にも影響を与えます。

「台風は海水面温度が26.5℃以上になると発生する。今のところは東京近海でも小笠原辺りで発生するかどうかだが、海水面温度がさらに上昇すれば台風が発生する緯度が上がる。そうすると上陸時の勢力は強くなり、通り道も変わってくる」

「日本は地域によって雨の降り方に特徴があった。西日本は梅雨に雨が多く、沖縄は台風の通り道、東北は冬の雪、北海道は梅雨もなければ台風も来なかった。今は北海道も長雨があり、台風も来る」

「日本の年間降水量は1500ミリから1700ミリと欧州の国の2倍あり、その豊富な水が急な流れになっている。一番長い信濃川でも、洪水になると、降ってから18時間から20時間で日本海に注ぎ込む。あっという間で、途中にある家屋や田畑をみな流してしまう。広島県三原市では7月の大雨で、3年前の西日本豪雨と同じところで堤防が決壊した」

決壊した広島県三原市の堤防。近くに住む男性は「3年前の西日本豪雨でもやられた場所。同じことが繰り返されて、恐怖だった」と話した(7月8日=共同)

「それに比べ、欧州の川はゆったりしている。ライン川はアルプスの雪解け水が流れ込み、人々は飲み水など生活に使って再び川に戻す。この循環を上流、中流、下流で繰り返し、北海に注ぎ込むまで人の体を3回通るとも言われるくらい穏やかに流れている」

「そのライン川周辺でも急流を発生させるほどの豪雨が降り、欧州では近年まれな大きな洪水被害を出した。地球温暖化の影響が世界的に広がっていることの表れだろう」

ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら