テレワーク時代に最適

また、本体が小型軽量なので、通勤かばんに入れて手軽に持ち運ぶことも可能だ。本体だけ持ち出して、会社では据え置きの液晶ディスプレーなどと接続して使うこともできる(図5)。

テレワークで大画面の液晶ディスプレーを自宅で使うようになった人には、ミニPCはうってつけだ。本体が小型軽量であることを生かして、「職場も自宅も大画面」といった快適な使い方が実現できる。

図5 ミニPCはコンパクトかつ軽いので、本体だけ持ち歩いて、会社や自宅、レンタルテレワークスペースなどでそれぞれに据え置きの液晶ディスプレーやマウス、キーボードを接続して使うことができる

さらに、ミニPCには長期間使用できるメリットもある(図6)。モバイルノートPCはメモリーやストレージをアップグレード(増設・交換)できない製品が多いし、本体が無事でも液晶ディスプレーが故障すると使用できなくなってしまう。

一方、ミニPCはメモリーやストレージをアップグレード可能だ。液晶ディスプレーやマウス、キーボードも自由に取り換えることができる。

図6 最近のモバイルノートPCは基本的にメモリーやストレージをアップグレード(増設・交換)できない。また、本体より先に液晶ディスプレーやキーボードがダメになってしまうことも多い。その点、ミニPCはメモリーやストレージをアップグレードできるうえ、液晶ディスプレーやキーボードなども交換自由なので長く使える

働き方が大きく変わりつつある今、ミニPCの人気が高まっているのも納得がいく。パソコンを新しくしようと考えている人はぜひ、ミニPCを選択肢に加えてほしい。

次のページ
ミニPCには完成品とベアボーンがある
MONO TRENDY連載記事一覧