2021/7/26
人気の「鮎の塩焼き」

初夏の一品料理として人気の「鮎(アユ)の塩焼き」は、水の中を軽やかに泳いでいるかのような美しさ。

小石を模しているのはフキ味噌で、ほろ苦さの中のほのかな甘みがアユの繊細な苦みと香りに絶妙に調和している。

さらにこの店には、ウナギに匹敵する隠れた人気メニューがある。

それが石垣牛を使用した「横濱ビフテキ重」。

石垣牛は海風のミネラルをたくさん含んだ牧草を食べて育つため肉に独特のうま味があり、とくに脂にミルクのような香りがあること、融点が低いため溶けやすく、さっぱりと食べられることで有名だ。

正統な石垣牛は地元の農協を通じてのみ販売され、本州にはほとんど入ってこないが、「八十八」では希少な「本物」の石垣牛を使用している。

本来はウナギが苦手な人のために用意しているものだが、この料理を目当てに訪れる熱狂的なファンもいるほど。

また「八十八」では創業以来毎年、「うなぎ供養祭」を行っていることも特筆しておきたい。

ウナギの産地の自治体で行っているところはあるが、ウナギ専門店として行っているのは全国でも珍しく、毎年他の多くのウナギ職人が参加するという。

「忘れがちですが、私たちは命あるものを日々、殺生し食物としていただくことで生かされています。うなぎ供養祭ではそのことに改めて感謝し、手を合わせて今後の無事を祈っています」(荒井さん)

ウナギの絶滅が危惧される中、新しい命が生まれることを願い、法要後は大岡川に国産ウナギを放流しているという。知れば知るほど、真の美食を追求し続ける熱意と研究心に心を打たれる名店だ。

<メニュー>

八十八御膳料理 8910円~ / 八十八会席 琴花 1万3200円 / 料理長特選 1万6500円~ / 鰻重(肝吸い、お新香付き) 月丁(1尾)5984円・天丸(1尾半)8558円・特上中入れ鰻重(1尾と4分の3尾)1万538円 / 横濱ビフテキ重 4972円 ※価格は税込み。

割烹蒲焼 横浜八十八 吉田町店
住所:神奈川県横浜市中区吉田町10 都南ビル1F
電話:050-5485-4448
営業時間 11:00~20:00(L.O.19:00)※行政の要請により変更あり
定休日 火曜 ※夏季は無休予定
※本記事に掲載された情報は、取材日時点のものです。
※電話番号、営業時間、定休日、メニュー、価格など店舗情報については変更する場合がございますので、店舗にご確認ください。
メールマガジン登録
大人のレストランガイド