写真で紹介 ASUSの2画面ノートPC「ZenBook Duo14」

図1 通常の画面とは別に、キーボード側にも画面を持つ画期的なパソコン。新CPUを搭載しリニューアルされた

ASUSの「ZenBook Duo14」は、キーボード側に小型のサブ画面を搭載したノートパソコンだ。メイン、サブ2つの画面でタッチ操作が可能。マルチディスプレーとして使えるほか、サブ画面を操作の補助デバイスとして活用できる。ここでは写真で紹介する。

【記事本編はこちら】ASUSの2画面ノートPC キーボード側にもタッチ画面

ZenBook Duo 14 UX482EA(ASUS)
直販価格 15万9800円(下記のUX482EA-HY114Tの構成の場合)
●CPU:Core i5-1135G7(2.4GHz、ターボ・ブースト時最大4.2GHz)●メモリー:16GB●ストレージ:512GB SSD(PCIe NVMe)●ディスプレー:メイン14型(1920×1080ドット)、サブ12.6型(1920×515ドット)●バッテリー駆動時間:約11.1時間(JEITA 2.0)●ネットワーク:Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1●サイズ:幅324×奥行き222×高さ16.9~17.3ミリ●重さ:1.6キロ●OS:ウィンドウズ10ホーム64ビット●オフィスソフト:WPSオフィススタンダードエディション
図2 左側面にはHDMI出力とThunderbolt 4を備える。右側面には、ヘッドホン/マイク、USB3.2、カードリーダーを備えており、必要最低限の端子はある
図3 ロゴに向かって放射状にヘアライン加工のような模様が付加されている。触っても指紋や汚れが付きにくい

2つのタッチ画面で楽々操作

図4 14型のメイン画面のほかに、キーボード側に「ScreenPad Plus」と呼ぶ12.6型のサブ画面を備える。どちらもタッチ操作ができ、オプションの「ASUSペン」によるペン入力にも対応する。画面はどちらも非光沢で、色が鮮やかで見やすい
図5 2つの画面はウィンドウズ10でマルチディスプレーとして機能する。メイン画面に資料を表示しつつ、サブ画面で入力するといった使い方ができる。サブ画面用にテンキーアプリも用意されており、数値を入力しやすい
図6 キーボードから少し手を動かすだけでサブ画面を操作できるので、手書き入力がしやすい。手書き入力の専用アプリは、ウィンドウズ10の文字認識機能を使っているので認識率が高い
図7 「ScreenXpert」と呼ぶアプリが用意されており、サブ画面の左側にランチャーを表示する。輝度の調整やメイン画面とサブ画面の入れ替えといった簡単な操作や好みのアプリの登録ができる。スタートメニューを開かなくても手元のタッチ操作だけでアプリを起動できるのは便利
図8 「Ctrl」+「X」キーや「Ctrl」+「C」キー、「Ctrl」+「V」キーといったよく使うショートカットキーもサブ画面に表示できる。指がすぐ届く位置に表示されるので、キーボードのショートカットキーよりも押しやすい

クリエーター向けの機能も充実

図9 画像編集アプリ「Adobe Photoshop」や動画編集アプリ「Adobe Premiere Pro」などを起動すると、サブ画面にはそれぞれの専用のコントローラーを表示する。機能の有無や配置をアプリでカスタマイズできる
図10 キーボードは癖がない配列で扱いやすい。ただし、パームレストがないため、狭い机とかでは打ちにくそうだ。タッチパッドは右側にあり、操作するにはホームポジションから手を動かす必要がある。だがマウスを操るような感覚で操作できるので、違和感はない
図11 底面に取り付けるスタンドが付属。スタンドを取り付けると、キーボードやサブ画面の角度が3倍近くになるので、画面が見やすくなる

(ライター 田代祥吾)

[日経PC21 2021年9月号掲載記事を再構成]