日経エンタテインメント!

「でも、まだデビューしていない彼ら(オーディション参加メンバー)にその生き方を強いたり、その生き方に憧れさせたりしてしまうのは違うと思っています。オーディションを進めて新しいボーイズグループをプロデュースする立場として、あるいは彼らが所属する会社の社長としては、彼らに対しても僕と同じような生き方を選ばせることもちょっと間違いなんじゃないかなと思います」

名前の表記を変えた理由

「ありがたいことに、今まさに彼らにファンがどんどん付き始めているタイミングです。でも、例えばクリエイティブ審査で言えば、Huluで配信しているのは、彼らが24時間×9日間=計216時間過ごしたうちのたった1時間でしかないんです。216分の1を画面を通して見せただけで、番組を見ている側にとっては、それが彼らの全てになってしまうし、今後もずっとそう。デビュー後は約2時間のライブが全てだし、こうしてインタビューを文字に起こしたものが全て。世に出ているものが、自分の全てになってしまうことは間違いないので。

彼らの名前の表記を、4次審査から本名のフルネーム表記からカタカナ表記のアーティストネームに変えたのも、そこに関わってます。特に今の時代には、『人に見られている自分』と『自分しか見ていない自分』の2つを明確に切り分ける必要があると思っているから。本名だとプライバシーの問題がある、とかでは全くなく、ただ本人自身にとって、その2つを切り分けられる時間が絶対に必要だと思っているからです。

もしSNSとかで自分でエゴサ(エゴサーチ)しようものなら、もう24時間それが気になっちゃう。そういう場で、いいことも悪いことも言われている自分を、“自分じゃない人間”というふうにある種、切り離せる状態を作っておかないと危険だなと思っています。自分自身、AAAのメンバーとしては本名の『日高光啓』でやっていますが、自分のことを知らない人たちに本名で話されている状況はマジできついし、やめてくれと思うことはやっぱりありますね」

『BMSG Audition 2021 -THE FIRST-』
(提供:『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』、15回放送より)
それぞれのメンバーがデビュー候補生としての課題を克服するための育成が行なわれている『THE FIRST』。いよいよ審査も大詰めを迎えている。番組は毎週Hulu、『スッキリ』(日本テレビ系)、TVerでの配信・放送に加え、YouTubeでも不定期配信中。
SKY-HI(日高光啓)
1986年12月12日生まれ、千葉県出身。ラッパー、トラックメイカー、プロデューサーなど、幅広く活動する。2005年AAAのメンバーとしてデビューし、同時期からSKY-HIとしてソロ活動を開始。20年にBMSGを設立し、代表取締役CEOに就任。

(ライター 横田直子)

[日経エンタテインメント! 2021年8月号の記事を再構成]

エンタメ!連載記事一覧