40年目の大ブーム ルービックキューブの3世代攻略法

誰もが1度は触れたことがあるだろうロングセラー商品だ
日経クロストレンド

巣ごもり需要を捉えて、コロナ禍の2020年に歴代3番目に大きなブームとなった「ルービックキューブ」。40年以上前に発売された商品でありながら、今なおたびたびムーブメントを巻き起こし、学ぶべきことが多いマーケティングの教科書的存在とも言える。親子3世代が夢中になる秘密を、その進化の系譜とともにひもとく。

「ルービックキューブ」は、ハンガリーの発明家であるエルノー・ルービック氏が1977年に商品化した立体型パズル。立方体の各面が異なる6色で構成され、それぞれの面が3×3の9マスに分割される型が一般的だ。キューブを3つの軸で回転させてマスの色をバラバラにしてから、再び6面の色をそろえるとクリアになる。

1面が3×3の一般的なルービックキューブ(税込み2420円)

日本では、80年から玩具メーカーのツクダオリジナル(当時)が販売を開始した。目新しさや場所を選ばず一人で遊べることなどから大ブームを巻き起こし、発売した年に400万個を売り上げる大ヒット商品になった。歴代で最も出荷数が多かったのが、この80年代のブームのときだった。

2005年にバンダイ子会社のメガハウス(東京・台東)が事業を継承してからも、ブームはたびたび起こった。07年ごろのブームでは、脳を鍛える「脳トレ」の波に乗って歴代2番目の出荷水準に。20年以降はコロナ禍の巣ごもり需要を受け、歴代3番目のブームと言える売れ行きを見せている。

もともとのメインターゲットは小学生とその家族だったが、遊び方がネット動画で広がるとともに、最近では大学生や大人にもファン層が拡大。21年3月までに、累計出荷数は1440万個を突破した。

メガハウスのトイ事業部マネージャー・小林琴氏は、「玩具業界では年間10万個以上がヒットといわれる中、ルービックキューブは1997年以降、その10万個以上を毎年キープしている」と明かす。

遊び方がシンプルでハマる人がいる一方、1面もそろえられずに挫折したという初心者も少なくないはず。一過性のブームに終わらず、世代を超えて40年以上も根強い人気を誇るのはなぜか。メガハウスは5つの理由を挙げる。

次のページ
理由1:キューブの進化
MONO TRENDY連載記事一覧