iPadが劇的進化 新OSで「マルチタスク」が快適に戸田覚の最新デジタル機器レビュー

この秋に登場予定のiPad OS 15のパブリックベータ版をテストした

米Apple(アップル)のタブレット端末「iPad」のOS(基本ソフト)である「iPad OS」は、毎年秋にアップグレードされる。今年の秋に予定されている進化の内容が発表された。

筆者は、毎年、新しいiPad OSを楽しみにしているが、今年のアップグレードであるiPad OS 15は過去最高と言ってもよいほど大きく進化を遂げている。特に、生産性を向上する機能は驚くほど変わっている。詳しく紹介していこう。

なお、今回はAppleによるマスコミ向けの特別な許可を得て、パブリックベータ版を基に記事を執筆する。まだ開発中のバージョンなので、秋の製品版とは機能などが異なる可能性があることをあらかじめご理解いただきたい。

使いやすくなったマルチタスク

iPadは、マルチタスクに対応する。パソコンのように複数のアプリを同時に開いて作業できるのだ。

これまでもマルチタスクは可能だったが、使いこなすにはちょっとしたコツが必要だった。あるアプリを開いた状態で、画面下部に表示される登録したアプリや最近使ったアプリのアイコンを表示する「ドック(Dock)」から別のアプリを開かなければならなかった。つまり、複数のアプリを開くことを前提にドックに表示するアプリを指定しなければならなかったわけだ。

iPad OS 15の新しいマルチタスクは、アプリを開いている状態で、画面上の「…」をタップする。するとウインドウの表示方法が現れるので好みの位置を選択する。あとは、ホーム画面から開きたいアプリを選ぶだけだ。

文章だとわかりづらいかもしれないが、実際に作業してみると従来の方法に比べて数段簡単だ。これによって、iPadをよりパソコンライクに使えるようになった。

画面上部の「…」をタップすると
複数画面の開き方を選ぶように促される
アプリを選ぶと簡単にマルチタスクができる
次のページ
3つめのウインドウやシェルフも
MONO TRENDY連載記事一覧