LiSA、あいみょんが昨年に続きラインクイン

4位は俳優、アーティストとして活躍する北村匠海。20年は浜辺美波とのW主演作『思い、思われ、ふり、ふられ』や単独初主演作『とんかつDJアゲ太郎』など、出演映画が立て続けに4本公開。映画5本、ドラマ4本に出演し、男性の急上昇ランク1位となった。

ダンスロックバンドDISH//のリーダーとしても活動しており、DISH//は急上昇16位にランクイン。3月にYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で公開した『猫~THE FIRST TAKE ver.~』が公開直後から人気を集め、21年2月には「THE FIRST TAKE」の作品として初めて1億回再生を突破した。

アーティストではLiSA、あいみょんがそれぞれ昨年に引き続きランクイン。LiSAは昨年は7.5ポイント伸ばして急上昇ランク8位だったが、今年はさらに12ポイント伸ばして5位に。テレビアニメ『鬼滅の刃』に続いて10月公開の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』にも主題歌『炎』を提供し、その歌声が多くの人に届いた。

あいみょんは今年は10.8ポイント伸ばして8位。昨年4月から放送の「淡麗グリーンラベル」でCMに初出演し弾き語りを披露したほか、7月期のドラマ『私の家政夫ナギサさん』に主題歌『裸の心』を提供している。

6位にランクインした江口のりこは夏以降の話題作への起用が続き、パワースコアも右肩上がり。8月から放送された『半沢直樹』で白スーツがトレードマークの国土交通大臣役で視聴者に強烈なインパクトを与えたことにはじまり、21年1月期は『その女、ジルバ』と『俺の家の話』の2作に出演した。『俺の家の話』は22位の長瀬智也(TOKIO)の引退作で、長瀬演じる観山寿一の妹を好演。バイプレーヤーとしての存在感を発揮した。

次のページ
女性芸人の新星多数
エンタメ!連載記事一覧