肩掛け・腰巻き…サマーニットとTシャツコーデの正解

2021/7/18
LEON

開放感いっぱいの軽やかな夏の装いにリッチを薫らせることは難しいとお感じのアナタに思い出してほしいのが、サマーニットという素敵(すてき)なアイテム。肩掛け、首巻き、腰巻きとTシャツスタイルにこなれ感を演出した実例と今季のえり抜きの6枚をご紹介します。




サマーニットは着るだけで夏のリッチを演出できるうれしいアイテム。でも、魅力はそれだけじゃありません。着ない時でも、アクセント小物として肩に掛けたり、腰に巻いたりいろいろアレンジできちゃいます。

で、シンプルなTシャツスタイルもサマになる、という次第。

ブルックス ブラザーズ

クラシカルで上品なリネンのケーブルニット

ニット1万7600円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

上質なリネンのイタリアンヤーンを用いたケーブル編みのクルーネックニット。適度な光沢と清涼感ある肌触りを備えた一枚は、ヘザー調の柔らかな色味も魅力。品良く快適に使えるリッチな定番です。

肩掛け、首巻き、腰巻きといろいろアレンジできるのです

Tシャツ1万780円/スローン、パンツ3万800円/ベルウィッチ(アマン)、ネックレス45万1000円、ブレスレット173万8000円、リング64万9000円/すべてフレッド、時計151万8000円/ゼニス

まずはサラッと肩に掛ける。すると、まるでアウターを羽織るような効果が得られます。また、袖を結べば巻物代わりに。さらに腰に巻いて、差し色&ちょっと気になるおなか周りをカモフラージュ、なんて使い方もできちゃいます。

ちなみにニットが派手色ならアクセントとしてより効果的。しかも、元来リッチなニットゆえ派手色でもちゃ~んと品良く見えるのですよ。今季は各ブランドから彩り豊かな新作が豊富にリリースされています。ので、欲しい一枚がきっと見つかるはずですよ。

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram