2021/7/17

【Q】パンツのロールアップの正解は?

【A】パンツごとのロールアップの仕方を覚えよう

パンツのロールアップには様々な方法があるが、パンツのタイプによって相性があるのをご存じだろうか。例えば同じデニムでも、シックな濃色なら1のように裾を一折りするだけでシンプルに、ラフな淡色なら2のようにクルクルとロールアップでより軽快に、という具合に使い分けるのが上級者。またチノパンの場合、裾幅が広いものは3のような二重ロールアップ、狭いものは4のようにきっちりと折り上げてドレス風にと、裾幅で使い分ける手も。

【Q】デニム姿がどうも子どもっぽくなってしまう

【A】クリースを入れてドレッシーにはいてみよう

休日服もドレスマインドで着こなすイタリア人の定番テクニックがこちら。スラックスのようにセンタークリースを入れてはくと、デニム姿も上品に。シルエットが整い、美脚効果が生まれる利点もある。

【Q】スカーフの洒落た使い方は?

【A】控えめにチラリとのぞかせるのが好印象

コッテリと盛りすぎず、さりげない洒脱(しゃだつ)を演出するのが“今どき感”の重要ポイント。首元を彩るスカーフも、細く畳んでコンパクトに結び、チラリとのぞくくらいにするのが正解だ。あまり主張が強すぎると時代遅れに映るので要注意。

【Q】ベルト×パンツ×靴の合わせ方にいつも悩む

【A】この好例から学ぶべし

(左)メッシュベルト×チノパン×Uチップ靴

(右)スエードベルト×リネンパンツ×スエード靴

色だけ合わせておけばなんとなく格好はつくものの、よく考えるほどに奥深いパンツ・ベルト・靴の合わせ。とくにバリエ多彩な休日服では迷うことも多いだろう。そこで覚えておきたいのが以下の基本セオリーだ。まず、色に関してはパンツのトーンと極端に差がつかないほうがよい。白パンなら金茶、ベージュパンツならこげ茶が好相性だ。そして素材は、リネンのように軽いものなら柔らかなスエード、ツイルなど硬い素材なら表革が◎。その際、カーフベルトではカタいかなと感じたら、メッシュベルトを選ぼう。

※表示価格は税込みです。

MEN'S EX

[MEN’S EX Summer 2021の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.