powered by 大人のレストランガイド

2021/7/19
ラムのおいしさが溶け込んだ、濃厚なコクの「ラムカツカレー」

もうひとつ、ランチの人気メニューが「ラムカツカレー」(1150円)。こちらも同じくサラダ、ポテトサラダ、スープ付き。

実はスープにもラムの肉を使用しており、ショウガとコンソメで風味豊かに仕上げている。

カツはラムの中でもランプ肉を使用。こちらも揚げたてサックサク。軟らかく、あっさりしているが、かみしめるとジューシー。

軽い食感で食べやすく、揚げ物だけどどことなくヘルシーさがある。

ルウはレンズ豆が入った、スパイシーながら甘みのある欧風タイプ。数種類の味噌を入れることで、濃厚なコクを出しているそうだ。

またルウにもたっぷりラム肉を使用することで肉のだしが溶け込んでさらに複雑な味になっている。

昼とはまた趣が変わり、夜は「ラムしゃぶ」をメインにしたコンセプトに様変わりする。

名物は何といっても「生ラム特上肩ロース トマトチーズしゃぶしゃぶ」(1人前1850円・注文は2人前より)だ。

高さ15センチ以上はありそうなボリューミーなラムしゃぶは、思わず写真に撮りたくなるビジュアル。

ブロッコリー、ブナシメジ、千切りキャベツで作られた土台に、300グラム分の薄切りロース肉をぜいたくに盛り付けて、雪のようにグラナパダーノチーズ(牛乳を原料とする超硬質のチーズ)をたっぷりとかけていく。

フォンデュソースにしゃぶしゃぶした肉をからめれば、チーズフォンデュが楽しめる

しゃぶしゃぶのスープはトマト、ニンニク、ハラペーニョ、そして2種のオリーブの実が入っているイタリアンテイスト。火にかけるとおいしそうな香りが一気に立ち上がり期待感が大いに増す。

スープが温まってきたところで溶けるチーズを入れて、しゃぶしゃぶして食べよう。

肩ロースは軟らかく、すっととろける味わい。ミディアムレアでもラムのくさみはまったく感じられない。また、うま味のあるロース肉にトマトソースのおいしさとガーリックが食欲を刺激して、夢中になってしまう。

野菜もたっぷり食べられるので栄養バランスもグッド。オリーブのほろ苦さがアクセントとなり、食べ進めても飽きることがない。

しばらく時間がたったところで、実はもうひとつのお楽しみが。

ココットに入ったフォンデュソースが温められて溶けてくるので、そこにしゃぶしゃぶした肉をからめてチーズフォンデュに。とろりとしたチーズが濃厚で、肉のおいしさがさらにアップ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド