VWの8代目ゴルフ、デジタル機能充実 安全性能も向上

日経クロストレンド

「フォルクスワーゲン ゴルフ」の日本仕様車が発売された。価格は税込み291万6000~375万5000円
日経クロストレンド

フォルクスワーゲン(VW)は、「フォルクスワーゲン ゴルフ」を8年ぶりに刷新した。新型ゴルフでは、「デジタル化」「電動化」「ドライバーアシスタンス」の大幅進化をアピールし、販売拡大を狙う。

デジタル化、電動化など大幅に進化

フォルクスワーゲン(VW) グループ ジャパンは2021年6月15日、第8世代となった新型「フォルクスワーゲン ゴルフ」の日本仕様を発表し、同日から販売を開始した。4グレード展開で、希望小売価格は税込み291万6000~375万5000円。

新型ゴルフは3つのポイントで大きく進化している。まずは「デジタル化」。デジタルメーターパネルとタッチスクリーン式インフォテイメントシステムが全車標準搭載となった。次が「電動化」。各グレードに2種類の48Vマイルドハイブリッド仕様で構成されるモデルラインを用意した。最後が「ドライバーアシスタンスシステム」で、衝突被害軽減ブレーキなどの標準的な先進安全運転支援機能に加え、ドライバーの急病時などに自動で車両を停車させる「緊急時停車支援システム」などの新機能を追加している。

全長4.295メートル、全幅1.79メートル、全高1.475メートル。全幅は先代モデルより1センチ短い

デザインは刷新しつつも、ゴルフらしいスタイルを受け継いでいる。サイズは全長4.295メートル、全幅1.79メートル、全高1.475メートル。迫力のあるマスクを見ると大型化したように感じられるが、実は先代より全長が3センチ長くなっただけで、全幅は1センチ短く、全高は0.5センチとわずかながら低くなっている。

なおデザイン全体を見直したことで、空気抵抗係数(Cd値)が先代の0.3から0.275に低減しており、燃費や静粛性の向上が期待できる。

改良された空力特性は、空気抵抗が少なくなり、低燃費に貢献。さらに静かさと快適性にもつながることが期待できる
次のページ
全車にマイルドハイブリッド搭載
MONO TRENDY連載記事一覧