ジョージ・ハリスン50周年記念盤 音源も資料も究極特集 ビートルズ4人の「新譜」(4)

日経エンタテインメント!

2021年11月25日から3日連続で、ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ:Get Back』が配信されるビートルズ。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソン監督が手掛けた6時間の作品ということで注目を浴びているが、実は解散から50年がたった20年から21年にかけて、メンバー4人の「新譜」がそろって発売されることでも話題になっている。

これまでポール・マッカートニーリンゴ・スタージョン・レノンと紹介してきたが、最後に登場するのは、8月6日にリリースされるジョージ・ハリスンのソロアルバム『オール・シングス・マスト・パス』50周年記念盤だ。ビートルズ研究家の広田寛治氏がそのアルバムの位置づけ、そして50周年記念盤への期待を語る。[※特に注記がない場合、本文中の『』はアルバム名、「」は曲名を示している。]

Photo by Barry Feinstein

ジョージ・ハリスンの『オール・シングス・マスト・パス』は、ポール・マッカートニーが解散を公にした直後の1970年5月26日にフィル・スペクターを共同プロデューサーに迎えて制作が開始された。レコーディングは10月までの5か月間で、リンゴ・スター、クラウス・フォアマン(ベース)、ビリー・プレストン(キーボード)に加え、エリック・クラプトンらも参加。スペクター流の緻密で重厚な「ウォール・オブ・サウンド」の手法を取り入れ、じっくり時間をかけて制作されている。

ジョン、ポールを超え全英8週、全米7週1位

収録曲の多くはビートルズ時代に書かれ、アルバムに収録されることなく埋もれていた曲だった。タイトル曲「オール・シングス・マスト・パス」をはじめ、「イズント・イット・ア・ピティー」「レット・イット・ダウン」「ヒア・ミー・ロード」の4曲は69年1月のゲット・バック・セッションでも演奏されていた(「ゲット・バック・セッション」については記事「ビートルズ映画『ゲット・バック』 未公開映像に興奮」参照)。シングルカットされて大ヒットした「マイ・スウィート・ロード」「美しき人生」、当時のビートルズの状況やポールとの関係を歌った「ラン・オブ・ザ・ミル」や「ワー・ワー」などの多くの曲も68年から69年に書かれていたものだ。

また「アイド・ハヴ・ユー・エニイタイム」「イフ・ノット・フォー・ユー」などのボブ・ディランとの共作曲やディランのことを歌った「ビハインド・ザット・ロックド・ドア」なども収録。ジョージの心が、ポールがいるビートルズから離れ、新しい仲間であるディランに移っていく様子も感じられる。レコーディング中に書かれた曲も多く、この時期のジョージがいかに創作意欲にあふれていたのかがわかる。

次のページ
『オール・シングス・マスト・パス』50周年記念盤
エンタメ!連載記事一覧