ファミリーマートの新スイーツ 苦い経験生き大ヒット

日経クロストレンド

半分にカットして取り分ければ、複数の味を試せる
日経クロストレンド

ファミリーマートが2021年6月22日に発売した「バタービスケットサンド」シリーズが爆売れしている。発売3日間で100万食、6日間で200万食、9日間で300万食。この勢いは、日経トレンディの「2019年ヒット商品ベスト30」で13位に入ったローソンのスイーツ「バスチー-バスク風チーズケーキ-」に匹敵するものだ。

ファミマのスイーツにおいては過去最速のペースという。これまでの最速は、20年11月発売の新感覚チーズケーキシリーズが10日で200万食だった。ファミリーマートによると、「20年末から検討していた肝煎りのスイーツで、供給体制を整えていたが、製造が追いついていない状況」と話す。

バタービスケットサンドは、直径5センチメートルのビスケット生地の間にクリームを挟んだスイーツ。最近ヒット中の「マリトッツォ」のようにクリームがたっぷりと入っているのが特徴だ。クリームの違いで、チーズ、ショコラ(税込み各228円)、ラムレーズン(税込み248円)の3種がある。

前列左からラムレーズン、チーズ。後ろがショコラ

食べやすさや買い回りを意識してワンハンドで食べられるサイズにし、身近なコンビニで手に入るプチぜいたくを意識して開発された。

左からショコラ、ラムレーズン、チーズ。クリームの厚みがよく分かる
次のページ
SNS映えだけじゃない! 家族や同僚とのシェアも想定
MONO TRENDY連載記事一覧