サントリー、強炭酸に「触覚」で挑む 勝負の新ボトル

2021年6月29日に発売した「THE STRONG 天然水スパークリング」 (510ミリリットル、1050ミリリットル)
日経クロストレンド

サントリー食品インターナショナルが2021年6月29日に発売した「THE STRONG 天然水スパークリング」は、「サントリー天然水」ブランド史上最高ガス圧の強炭酸水だ。実は同社は18年にも強炭酸水として「サントリー天然水スパークリング」を発売している。いずれもサントリー天然水に炭酸を加えたもので、中身自体はそれほど変わっていない。

新商品の最大の特徴は、そのボトルデザインだ。ボトルの肩から中央にかけた「バキバキ」ととがった形状と、キャップとラベルの光沢のあるシルバーで潔い強さを表現している。キャップは特殊構造で、開栓時の音が際立つよう設計した。この独特なボトルデザインの狙いは「五感、とりわけ触覚に訴えること」だと、サントリー食品インターナショナル ジャパン事業本部ブランド開発事業部課長の平岡雅文氏は語る。

10年から20年にかけて約8倍と成長し続ける無糖炭酸水市場では、アサヒ飲料の「ウィルキンソン」シリーズが圧倒的だ。13年連続で過去最高の販売数量を更新し、約5割のシェアを占める。そのウィルキンソンは以前から強炭酸を訴求。それに続き、18年から19年にかけて他社も続々と強炭酸製品を市場に投入した。21年5月には日本コカ・コーラが同社最高ガス圧の「アイシー・スパーク from カナダドライ」を発売。もはやガス圧競争は成熟しており、それ以外の付加価値をどう打ち出すかが差異化の鍵となっていた。

一方、サントリーはフルーツなどの香りの付いたフレーバー炭酸水で存在感を発揮し、21年1~5月の累計で天然水スパークリングシリーズ全体が過去最高販売数量を記録。ただ無糖炭酸水市場全体では、割り材需要もあるプレーン(フレーバーなどが入っていない)炭酸水が大勢を占める。サントリーはプレーン炭酸水での訴求が不十分であることが課題だった。

そこで同社は、割り材としてではなく「じか飲み用」としてプレーン炭酸水を買う層に目を付けた。フレーバー炭酸水はエントリー層が好む一方、プレーン炭酸水はよりストイックに健康を意識する40代男性が好んで買う傾向にあるという。同社は「ストイック層」をターゲットにした製品開発で、まだ十分に浸透しきれていないプレーン炭酸水での巻き返しを図ることにした。

「プレーン炭酸水を好む人はとにかく強い刺激を求めており、『フレーバーすら邪魔』という意見まであった。そこで我々は、プレーン炭酸水はリフレッシュツールとして求められているのだと気づいた」(同社ジャパン事業本部の村上公規氏)

そこで打ち出したのが、「触り心地」に訴えるという戦略だった。

どんな大きさの手で持っても「バキバキ」を感じられるようボトルの重心に凸凹がくるよう0.1ミリメートル単位で高さを調整した
次のページ
バキバキボトルで強い刺激を右脳に訴える
MONO TRENDY連載記事一覧