リンゴ自身がみずからのソロ活動の出発点と考えているのは、シンガーソングライターとしてのデビューシングル(71年4月発売)で全米全英4位のヒットを記録した「明日への願い」。そして、リンゴ自身が最初のソロアルバムと見なしているのが、73年11月発売の『リンゴ』だ。リンゴはこの作品よりも前に『センチメンタル・ジャーニー』と『カントリー・アルバム』というアルバムを発表しているのだが、『リンゴ』から数えて4枚目のアルバムを『リンゴIV』と名付けて発表しており、それ以前の2作は助走期間の作品と位置付けていることがわかる。

満を持して発表した『リンゴ』には、ジョン・レノン、ポール、ジョージ・ハリスンの元ビートルズの3人が参加し、ハリー・ニルソン、ビリー・プレストン、ザ・バンド、ニッキー・ホプキンス、マーク・ボランらも協力。超豪華布陣のアルバムとなり、全米2位全英7位のヒットを記録している。

リンゴは70年代後半に音楽活動が低迷するが、起死回生を狙って80年に準備していたのが『バラの香りを』だ。このアルバムでも、ジョン、ポール、ジョージの3人が再びそろって参加し、リンゴの復活をあと押しするはずだった。ジョンからも数曲分のデモテープが届いていた。だが12月8日にジョンは帰らぬ人となってしまう。ジョンの曲をレコーディングして追悼盤としてリリースすることもできたはずだが、リンゴは悲しみのあまりジョンの曲の録音を断念したという。けっきょく発売時期を1年後の81年10月にずらし、ジョン提供の新曲は収録せず発表。セールス面では不発に終わったが、話題や売り上げよりも友情を大切にする生き方を貫いたのだ。

ポールとリンゴのチャレンジ精神

悲しいかなポールとリンゴは、ビートルズ解散50年とソロ活動50周年という音楽人生の節目を、パンデミックのなかで迎えることになった。

それでもポールは「Rockdown」という言葉遊びをしながら1人で音作りに励んだ(前回参照)。リンゴは多くの仲間たちの助けを借りながら新兵器Zoomを使ってレコーディングに挑んだ。どこまでもポジティブで柔軟で笑顔を忘れない2人の生き方は、音楽活動を制限された世界中のミュージシャンや、ライブに参加する機会を奪われてしまった音楽ファンに元気を与えるものだった。

ビートルズ解散を乗り越えソロ活動で成功したのも、ウイングス解散やジョンの死を乗り越えたのも、50年を経過してコロナ禍のなかでもチャレンジ精神を失わないのも、ポールにはポジティブシンキングの源泉としての「音楽力」が、リンゴにはポジティブシンキングの源泉としての「人間力」が、その根底にあるからなのだろう。2人にとってのビートルズ解散は人生最大の危機だったはずだが、2人の音楽力と人間力がそれを克服するパワーとなり、新しい未来を切り開いてきた。そして、それは現在のパンデミック下での活動にもつながっているのだ。

広田寛治
1952年愛媛県松山市生まれ長崎県長崎市育ち。山梨県立大学講師などを経て、作家・現代史研究家。日本文芸家協会会員。『大人のロック!』(日経BP/ビートルズ関連)、文藝 別冊(河出書房新社/ロック関連)、ムック版『MUSIC LIFE』(シンコーミュージック/ビートルズ関連)などの執筆・編集・監修などを担当。主な著書に『ロック・クロニクル/現代史のなかのロックンロール(増補改訂版)』(河出書房新社)などがある。
エンタメ!連載記事一覧