時間は5分から10分くらいでいいですよ。短い時間で大丈夫。誰か聞いているわけでもないですし、間違っても恥ずかしくないですよね。細かい文法は後回しです。単語レベルからでもOK! とにかく英語にしていきましょう。時制は主に現在形、現在進行形です。

1)心のつぶやきをとにかく英語に

週末の朝の例=
It’s sunny and clear.  晴れてるし爽やかな天気だ
I feel just fine!  気分も良いぞ
What shall I do today?  きょうは何しようかな?
Going to a park?  公園に行こうかな?
I wanna read some books.  本でも読みたいな

仕事中に休憩の例=
I’m getting tired.  疲れてきた
Let’s take a break.  休憩しよう
Coffee or tea?  コーヒーと紅茶、どっちにしようかな
Oh, I have so many things to do!  あー、やることいっぱい!
3 more days until payday.  お給料日まであと3日
I’ll work hard this afternoon.  午後も頑張るぞ

2)目の前のことを実況中継

例=
It’s raining outside.  外は雨
I’m working from home today.  きょうは在宅勤務
Now I’m practicing English.  今、英語の練習中
Listening to the radio is fun.  ラジオって楽しいな
It’s better than watching TV.  テレビを見るよりいいかも
I can work while listening to it.  仕事しながら聞けるし

こんな風に普段何気なく考えていることを改めて英語に直してみましょう。そんなに簡単にできないかもしれませんが、「英語を使う」ことができればOK! 「日本じゃ英語を使う機会がない」と言われることがありますが、そんなことはありません。待っていても機会はないので自分から求めないといけませんね。セルフトークは朝起きた瞬間からできますし、何といっても無料です。

これからのことは be going to で

2:過去の思い出日記

きょうあったことではなく、今度は楽しかった思い出を英語で書いてみましょう。例えば楽しかった休暇などを思い出し、その様子を英語にします。タイトルをつけると良いですね。思い出のセルフトークは過去形、過去進行形などを使う練習になります。

例:タイトル [Borobudur] ボロブドゥール寺院
I was in Indonesia.  インドネシアにいた
I went to ancient ruins, Borobudur.  古代遺跡ボロブドゥール寺院に行った
I rode an elephant and cut through a jungle.  ゾウに乗ってジャングルを抜けた
I was listening to the sounds of nature while I was on the elephant.
ゾウの上で自然の音を聞いていた
I have never had such an experience before.  そんな経験はそれまでなかった
It was fantastic!  サイコーだった

これは私の実体験です。書きやすいように一文を短くします。長く書く必要はないので、思い出の一場面を切り取って書いてみてください。

3:直近の予定日記

最後は直近の予定を be going to を使って書きます。これからの予定、きょうやること、週末や夏の予定などもいいですね。以前ご紹介したTo doリストに be going to をつけて言ってみましょう。発音は I’m gonna ~ で「アイムガナ」と言います。

ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら