2021/7/10

トラッド熱が再燃の今ホワイトバックスを衝動買い!

最近、ずいぶん久しぶりにアメリカントラッドなスタイルが気になっている。ホワイトバックスをつい衝動買いしたのも、そんな気分が後押ししたからだろうか。だが着こなしはド直球アメトラにするよりは今らしさを取り入れたい。そこで、最近トレンドである、フレンチテイストを加えたく、ボーダーTシャツをインナーに。また、ダブルのニューポートブレザーやウォッシュドデニムも、肩の力が抜けた雰囲気で最近特に人気の高いアイテムだ。ショッピングにでかけるなら、鞄(かばん)は大きいほうがよさそうだ。となると鞄もトラッド定番のビーントートで決まりだ。

イタリア製ミリタリーシャツは白Tに羽織るだけで大人味に

久しぶりに会う友人と待ち合わせて、ランチに出かける日曜日。夏を感じさせるほど暑いこんな日は、何を着ていけばよいか迷うところ。Tシャツ一枚だとラフすぎるし、かといってジャケットは暑そうだ……。そうだ! こんなときこそギ ローバーのミリタリーシャツの出番だ。イタリアのシャツメーカーらしくドレッシーな襟型や薄手の生地で、大人味なこのシャツ。でも、腕のポケットなど本格ミリタリーのディテールもしっかり備えているのでお洒落心がくすぐられる。白Tの上にさらりと羽織るだけで着こなしが上品に仕上がるから本当に便利だ。時計92万4000円/ゼニス(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

休日のシンプルコーデでデニムを味わう

天気の良い休日に朝からカフェテラスで本を読むのが大好きだ。普段は襟付きの服を着ることが多いが、こんな日は白Tにカーディガンでリラックスした着こなしもいいだろう。こんなシンプルな着こなしは、ウォッシュドデニムの味わいある表情がより際立つ。ここ数年リジットデニムばかりはいていたのだが、今年はどうもウォッシュドデニムが気になりつい1本買い足してしまったのだ。そして仕上げは、足元のホワイトバックスをアクセントにして、シンプルな着こなしに少しだけ味付けしてみた。

上品なベージュとウエスタンシャツの落差を楽しむ

本日は家の近くのシェアオフィスでリモートワーク。こんな日は、気楽にさっと着ていけるアンコンスーツが重宝する。このカルーゾのスーツは軽やかな仕立てで、リモートワークの日にリラックスして着るのにもちょうどいい。ポイントはウエスタンシャツをアクセントに取り入れたこと。ベージュスーツのシックな印象とウエスタンシャツの男らしい印象のコントラストが、洒落た雰囲気を演出してくれて、自分でもお気に入りの着こなしだ。時計161万7000円/ゼニス(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

※表示価格は税込みです。

撮影=鈴木泰之 スタイリング=四方章敬 ヘアメイク=SHOTARO(SENSE OF HUMOUR) 撮影協力=メルセデス・ベンツ、アマンダンブルー鎌倉

MEN'S EX

[MEN'S EX 2021年7月号DIGITAL Editionの記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.