N
健康・医療
from 日経Gooday

突然くる親の介護 翻弄されないための6つの基本とは

2021/7/8

from 日経Gooday

写真=123RF
写真=123RF
日経Gooday(グッデイ)

誰でも自分の親にはいつまでも元気でいてほしいと思うものだ。しかし、高齢となれば、いつ認知症が始まったり、骨折をきっかけに寝たきりになったりしてもおかしくない。「ついこの間まで元気だったのに、突然、介護が必要になった」という話は珍しくないのだ。

いざというときあたふたしないためにも、介護とは何か、準備しておけることは何かなど基本知識は持っておきたい。そこで、介護者をサポートする活動をしている東京・小金井市のNPO法人UPTREE(アップツリー)代表の阿久津美栄子さんに話を伺った。

――元気だった親が急に倒れて介護が必要になり、何をどうすればいいか分からず困ったという話を聞くことがあります。突然、親の介護が必要となったとき右往左往しないために、準備しておけることはありますか?

介護者をサポートする活動をするNPO法人UPTREE(アップツリー)代表の阿久津美栄子さん

阿久津美栄子さん(以下、阿久津さん) まずは、親が元気なうちから、介護保険制度でどんなことができるかをざっくりとでも把握しておきましょう。この制度は40歳以上が保険料を払い、介護が必要になった際にサービスを利用するという社会保険制度です。しかし、保険料を払ってはいても、実際介護が必要となるまで、ほとんどの人が制度内容についてよく知らないのが現状です。

この制度について調べる際、ポイントとなるのが親の居住地がある自治体の情報を得ておくことです。

今日では、多くの家庭が核家族世帯で、親と子は離れて暮らしています。そのため、離れていても可能な介護環境が必要となります。これを実現するには、親の地元の社会資源について、介護者が把握しておくことが重要になるのです。

各自治体の介護関係の窓口には、「介護保険制度」の冊子が必ず置いてあります(ネットからダウンロードできる自治体もあり)。冊子には、介護保険制度についての基本的な説明や、介護が始まれば最初にアプローチすることとなる地域包括支援センターの連絡先などが書かれています。地域包括支援センターというのは、いわば高齢者支援のよろず相談所で、介護全般の専門家である主任ケアマネジャー、医療・保険・介護予防を担当する保健師、福祉の専門家である社会福祉士などが連携して業務にあたっています。親が元気なうちに、この冊子を入手しておくといいでしょう。

また、どこの病院が親のかかりつけか、そしてできれば親がどんな介護を望んでいるのか把握しておくことも大切になります。在宅か施設か、体の状態によっては病院での看護を望むのかなど基本的な希望を聞いておけば、ただでさえ混乱している時期に、余計な迷いがなくなります。

注目記事
次のページ
介護者の多くが最初に困ることは?