2021/8/11

教育、習い事、受験……子育てに関する「長期的な焦り」も

ここまで見てきたのは、毎日の生活に関わる、いわば「短期的な焦り」です。一方で、子育てや仕事に関して、長いスパンから見た「長期的な焦り」で悩んでいる声も多く寄せられました。例えば子どもの習い事に関して、「周囲を見て焦る」という悩み。

【習い事 今のままで大丈夫? の焦り】

周りの家庭が教育熱心な中、わが子には趣味レベルの習い事しかさせておらず、理性では大丈夫と思いつつ、マイペースな成長をしている子どもにふとした瞬間に焦りを感じることがある(情報処理・SI・ソフトウエア/経営企画/1歳と小2のママ)

上の子(小2)がおっとりしていて少し繊細で、登校前や帰宅後はイライラや大泣きをしやすい。疲れすぎると登校できないのではと思い、習い事は1つにしているが、経験が少なくなってしまうのではと少し焦りを感じている(情報処理・SI・ソフトウエア/情報処理・情報システム/2歳と小2のママ)
 

専業主婦の友達の話を聞くと、みんな習い事や幼児教室に通わせている。私は、時間的な余裕もなく、何にも習い事をさせていないので、子どもの成長の芽を摘んでいないかと焦りを感じる(放送・広告・出版・マスコミ/広報・宣伝/1歳と年少のママ)
【子どもの教育全般の焦り】

子どもの教育に関する他人のブログや、成功体験の記事を読むたびに、自分の子は全然できていないと焦る(卸売・小売業・商業/総務・人事/小3のママ)

日本の公立の教育に魅力を感じていないのに通学させていることに焦る(その他/財務・経理/小5と中1以上のママ)

 
子どもの英語教育に焦りを感じている。未就学児向けの英会話教室は、効果があると思えず通わせていなかった。英語に触れさせる時間や機会を増やそうとは思うが、多忙で後回しになってきている。英会話教室に通っている友達に追いつけるか、ニガテ意識を持たないかなど、焦ってしまう(卸売・小売業・商業/財務・経理/小6のママ)
【中学受験についての焦り】
 

自分は中学受験を経験していないし、地方出身で都内の学校事情も詳しくない。何も分からない中、妻が中学受験をさせたいという希望があり、焦って情報収集をしている。ある本では、「小学3年生の2月から塾通いを始めるのが一般的」「塾で下のレベルのクラスから、上のレベルに上がるのは至難の業。入塾当初から上のクラスに入ることを目指せ」と書いてあった。小3でトップクラスを目指すなら、小2の今から、入塾テストのための勉強が必要ということなのか……焦る。また、コロナ禍で学校見学等もままならないため、志望校の情報収集にも焦っている(公務員/年長と小2のパパ)

管理職への昇進や、転職、マミートラックなど、自身のキャリアに関する「長期的な焦り」を抱えている人も少なくないようです。

管理職への昇進、転職、マミートラック……「長期的な焦り」

【管理職になりたいけど……出遅れている? という焦り】

管理職になるために一定レベルのことを完結できることを証明する必要があるが、家事育児との両立の中で十分時間が取れず、歳だけとっている気がする。 焦りばかりで子どもにもきちんと向き合えず、イライラをぶつけてしまい、教育どころか人格形成に悪影響を及ぼしている気がする(金融・証券・保険/その他/年長と小2のママ)

子どもが生まれるたびに育休を取り、その後もずっと短時間勤務を継続している。保育園の送り迎えができることや、宿題を見てあげられることには、充実感がある。一方で、出世の道からは遠のいているように感じている。気がつけば、学生時代の友人の多くが管理職になりだしているが、自分はまだまだ……。自分のキャリアはこのままでいいのか、そうはいっても子育てにも手を抜きたくはないし、焦りを感じる(公務員/年長と小2のパパ)
 

時短を取得している間は管理職になれないといわれているが、高齢出産のためすでに管理職になる平均年齢を超えており、焦りを感じる(電気・電子機器/生産・製造/年少のママ)
【時短勤務の焦り もしやマミートラック?】
 

時短勤務で出産前と比べて仕事量をこなせない。そんな私を横目に20代の若手社員がどんどん重要な案件を任されている。「それ私がやりたかったのに(今の仕事量が限界だから言わないけど)。私はこのまま大きな仕事はできない? これがいわゆるマミートラックってやつ?」などと20代に嫉妬している自分に焦る。(放送・広告・出版・マスコミ/編集・編成・制作/2歳と年少のママ)
【資格を取得したほうがいい? の焦り】

漠然とやってみたいこと、興味のある分野はあるが、アプローチの仕方が分からないことに焦る。興味のある資格はあるが、金銭的な理由などで足踏みしていることに焦る(その他/財務・経理/小5と中1以上のママ)
 

転勤族の家族に合わせ、結婚時と出産時にキャリアを中断し、8年専業主婦を経験後、正社員で再就職をし、今に至っている。学生時代や独身時代に何か国家資格を取得しておけば、ブランクや転居後の再就職ももっとスムーズで、それなりの待遇で働くことができたのにと、後悔がある。とにかく仕事・家事・育児・介護の合間に勉強したり、実務経験を積んだりしていくしかないのかと考え、模索している(卸売・小売業・商業/財務・経理/小6のママ)
【転職のタイムリミットは? の焦り】

経理の仕事をしていたが、第1子出産後、総務に回されてしまった。自分自身の市場価値を下げたくないという焦りがあり、早いうちにまた経理として転職したいが、子が小さいのでできずにいる(コンサルティング/総務・人事/0歳と2歳のママ)

2度育休をとり、10年後くらいには早期退職の候補にされてしまう気がする。状況的に管理職を望めないのでこの先、転職するのか、今の会社で居続けるのか、焦りやモヤモヤがある(放送・広告・出版・マスコミ/広報・宣伝/1歳と年少のママ)

今の会社に居続けていいのか。悩みながら管理職になったが、転職サイトに登録したり、経済誌を購読したり、資格の勉強をしたりし続けている。自分の市場価値がどれくらいのものなのか、気になっている(運輸/財務・経理/小2のママ)
 

今の会社にいてもスキルアップできない。かつ時代に合わせて商品や業務をアップデートする気が経営者にない。根本的な解決をしないと収益が拡大しないばかりか右肩下がりではあるが、改革をしようとすると阻まれる。本音では変えたくないよう。転職を目指し2年ほど活動しているが、厳しい。自分が高齢になったとき、あるいは、今の勤務先が倒産した場合、どうやって就業していけばいいか。つぶしの利く仕事も検討していかないといけないと思い、保育士資格の取得なども考えている(市場調査/企画・調査・マーケティング/小4のママ)

(取材・文 小林浩子=日経xwoman DUAL)

[日経xwoman 2021年6月4日付の掲載記事を基に再構成]

私が描く、選ぶ、動き出す。/世代別&世代をクロスした情報を発信するWebメディア

20~30代向けの「doors」、働くママ・パパ向けの「DUAL」、40~50代向けの「ARIA」で、各ライフステージでのさまざまな働き方や生き方、本音の詰まった共感ストーリーをお届けします。また、健康・美容、マネーの深掘り情報や、変化の速い時代に知っておきたい時事テーマをタイムリーに発信。動画コンテンツやセミナー・イベントを通して、自分磨きや仕事のノウハウも学べます。無料登録で会員限定記事をお読みいただけるほか、メルマガをお届け。有料登録の方は、『日経xwoman』の特集や連載をすべてお読みいただけます。