N
U22
青春のギャラリー

2021/7/9

青春のギャラリー

「入社1年目(1989年)当時は、コンピューターを使ってのデザインはまだめずらしく、会社でも使われてはいなかった。毎晩おそく会社からマンションに帰って、明け方までマッキントッシュにむかったものだ。学生時代からロゴや記号に関心があったので、夢中になってアイコンを何百とつくっていくことに。ハンドワークとは比べものにならぬ精度で、表現の可能性をおぼえた。どんなに拡大しても劣化しないのは感動的でさえあった。そこにインスピレーションを覚えたこともある。会社では、新人ゆえ何につけまだ自分の思いどおりにはならぬ立場であった。それでかえって、マンションに帰れば自分の表現欲求がうずまくことに。アイコン制作は、当初それほどコンセプチャルなものではなく、自分は何をつくりたいのか考えながら続けていったようなところもあった。また、当然ビジネスとは直接むすびつかない。そのぶんピュアな表現だからこそ、今もふるくなってはいないと思う。翌年、バーでひらく個展に出品するため6つを選んだこの《6ICONS》は、いま思えば当時の自画像。感覚的でありアーティスティックでもあり、したがって自分の原点であり初心だ」

この原点は「デザインの仕事とは何か」という佐藤自身の考えにもつながっていく。

「『絵』にするとは自分の感じたことが言葉にはならないからこそのこと。いつも心の底で、そんな基本的なところが大事だと思ってきた。いまデザインとは、ロジカルな問題解決にむかうだけでなく、どれだけ魅力的であるかが問われている。そこをアーティスティックな表現によって両立させていかねばならない。それはまたコミュニケーション能力ということであり、それこそがデザイナーの仕事といえる。テクノロジーやAI(人工知能)がロジカルな能力で人間の職能をうばっていく時代。そんな時代を生きる私たちは、いっそうクリエイティビティーが必要だろう。人間にしかできないこと、複雑ともいえるような感覚、すなわちひとそれぞれ身体感覚を涵養(かんよう)していくべきではないか。さて、ブランディングとは、唯一無二の存在となるために仕掛けていくこと。自分にしかできない価値や力をもてるように。最後の答えはつねに自分の中にある。そのため自分自身の感覚をつねにみがくこと。そこにしか人との差はあらわれない。自分の好きなことを通じて大切にしている感覚がだれにでもあるはず。スキルではない。あくまで感覚だ。どれだけ感じとることができるか、それがものをつくるうえで肝心なことと思う。だれもが自分のスキャナーの解像度以上にはアウトプットできないはず。感覚によって、同じものを見てもひとにより見え方がちがう。要するに、デザイナーにかぎらず、だれもが自身の身体感覚を自分なりにまっとうに整え、それを根本にすえて物事にあたるべきなのだ」

「アイコニックブランディング」確立

アイコンを創作しながら、大阪でアートディレクターとして佐藤の活躍が始まる。同僚に恵まれたがゆえでもあった。結果的に、大阪勤務はのちのクリエーター人生におおいなるプラスをもたらしたという。東京へもどってからの更なる活躍はまさに目を見張るものであった。かわきりは、まるで絵本のなかを小さな車が走っているかのようなホンダ「ステップワゴン」の斬新な広告。従来の自動車のコマーシャルは、自動車が画面のなかに大きく写されているものばかりであった。

2000年(平成12年)、35歳で独立して自らのクリエイティブスタジオ「SAMURAI」を設立すると、スマップのプロモーションやキリン「チビレモン」のあらゆる事柄のリニューアルなどで注目をあつめた。さらにはロフトやパルコ、ユニクロ、セブン―イレブン、今治タオル、楽天、ふじようちえんなど、企業やブランド経営の根幹にまで踏みこみながら、あらゆることを明瞭簡潔に一目で表そうとする「アイコニックブランディング」の方法を確立し、進化させている。今日に至るまでも企業再生から地域・産業おこしへと進撃はとどまる気配がまったくない。日々30ものプロジェクトにむきあう。

ベストセラーの著書「佐藤可士和の超整理術」にそのあたりの手法が述べられていて、はなはだ興味ぶかい。デザインとは整理すること。すなわち、クライアント(顧客)を「問診」して問題点をさぐり、佐藤なりの新しい視点を導入して、問題解決のためのアイコニックな表現をすることだという。答えはいつもクライアントの述べることのなかに落ちているとも。クライアントに対して、なにごとも他人事にはしない。どこまでも「自分事」として相対してきた。この先、佐藤ならではの手法をますます駆使し、そして後進を多く育成して、21世紀の日本全体を活性化していくにちがいないのである。

(敬称略)

中山真一(なかやま・しんいち)
1958年(昭和33年)、名古屋市生まれ。早稲田大学商学部卒。42年に画商を始め61年に名古屋画廊を開いた父の一男さんや、母のとし子さんと共に作家のアトリエ訪問を重ね、早大在学中から美術史家の坂崎乙郎教授の指導も受けた。2000年に同画廊の社長に就任。17年、東御市梅野記念絵画館(長野県東御市)が美術品研究の功労者に贈る木雨(もくう)賞を受けた。各地の公民館などで郷土ゆかりの作品を紹介する移動美術展も10年余り続けている。著書に「愛知洋画壇物語」(風媒社)など。

(おわり)

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.