アフターコロナのオフィス 創造性発揮へ見直し相次ぐ

ベネッセコーポレーションがオフィスを刷新し、新たに設けたペアワークシート
ベネッセコーポレーションがオフィスを刷新し、新たに設けたペアワークシート

新型コロナウイルスの感染予防を目的に普及したテレワーク。アフターコロナでも継続を明らかにしている企業は少なくありません。そんな企業で浮上している課題が出勤者の減ったオフィスをどうするか。浮いたスペースの積極活用に乗り出す動きが出ています。

ベネッセコーポレーションは6月に東京本部オフィス(多摩市)を全面改装しました。1994年の開設以来、初のリニューアルです。固定席を廃止しオフィス面積を4割削減する一方で、共有の打ち合わせスペースを拡充しました。10人程度でディスカッションできるオープンスペースや、独りでこもれるWEB会議用ブースなど6タイプから選べます。感染リスクを下げるため、向かい合わずに横並びで座って打ち合わせできるペアワークシートもあります。

同社はコロナ禍で在宅勤務を推奨し、出勤率は5割以下。今後もテレワークと出勤を組み合わせたハイブリッド勤務を続けます。コロナ前のように社員1人につき1人分の執務机はいりません。代わりに社員が出勤した際、自由闊達な意見交換ができる場を確保しました。

95%の社員がテレワークを実施しているというヤフーも今年、本社を衣替えしました。1人で業務に集中したいのか、同僚らとワイワイガヤガヤ議論したいのか。目的に応じて働くフロアを分けました。「ワイガヤ」フロアは大型モニターなどを随所に配置し、いつでもどこでもすぐに議論を始められます。

コロナ禍で急きょ普及したテレワーク。出勤せずともある程度、業務をこなせることを示しました。半面、課題も明らかになりました。組織としての創造性が発揮しづらい点です。偶然の雑談から思わぬヒントをもらったり、意見のやりとりから新しいアイデアが生まれたりする機会がありません。こうした欠点を補うため、企業はオフィス機能の見直しに動きます。

机が整然と並ぶ従来型オフィスは、スペース効率は良くても生産性は必ずしも高くありませんでした。ニッセイ基礎研究所上席研究員の百嶋徹氏は「どんなオフィス環境なら創造性が高まるか。多くの日本企業はこれまでオフィス戦略に関心を払ってこなかった。テレワークの緊急導入を契機にオフィスの役割・機能をようやく考え始めた」と指摘します。

オフィスに不可欠なのはリアルな対面の場です。「ワクチン接種が進む米国では、社員に週数日程度のオフィス出勤を求める動きが出ている。サイバー空間でのやりとりはワクワク感が湧かず、イノベーションが起きづらいと分かっているからだ。テレワークを進めると同時に、オフィスでは濃密な対面コミュニケーションを促進する工夫が必要だ」と強調します。

注目記事
次のページ
百嶋徹・ニッセイ基礎研上席研究員「オフィス戦略に欠