閉経前の乳がんリスク 酒1合以上で非飲酒者の2倍弱

日経Gooday

閉経前に「適量」とされるアルコール量を上回る量を飲んでいた女性では、乳がんのリスクが2倍近くに上昇していた。(写真=123RF)
閉経前に「適量」とされるアルコール量を上回る量を飲んでいた女性では、乳がんのリスクが2倍近くに上昇していた。(写真=123RF)
日経Gooday(グッデイ)

日本人女性の乳がんのリスク上昇に、閉経前の飲酒頻度や1日あたりの飲酒量が関係することが、日本人女性約16万人を対象とする分析によって明らかになりました。閉経前に「適量」とされるアルコール量を上回る量を飲んでいた女性では、乳がんのリスクが2倍近くに上昇していました。

これまでに西欧で行われた複数の研究で、女性の飲酒と乳がんリスクの間に関係があることが示されていましたが、アジア人女性を対象とする検討は十分には行われていませんでした。西欧とアジアでは飲酒習慣に違いがあること、また、アジアにはお酒に弱い人が多い(飲酒後のアルコールの分解にかかわる酵素の遺伝的な違いによる)ことなどから、アジア人女性を対象とする分析が求められていました。

そこで、愛知県がんセンターなどの研究者たちは、日本で行われた大規模なコホート研究8件のデータを集めて解析し、女性の飲酒と乳がん発症リスクの関係を評価することにしました。

約16万人の日本人女性のデータを分析

対象としたのは、愛知県がんセンターや国立がん研究センターなどが実施した、8件の研究で収集されたデータです。これらの研究には、1980年代半ばから1990年代半ばに、それぞれ3万人を超える人々が登録されており、登録時点で質問票を用いて、飲酒習慣(飲酒の頻度と1日あたりの飲酒量)を含む食生活に関する情報を収集していました。ベースラインで既にがんと診断されていた人や飲酒習慣に関するデータが得られなかった人などを除く、15万8164人の女性を分析対象にしました。

対象となった15万8164人を平均14.0年、236万9252人-年(追跡した人数とそれぞれの年数の合計を掛け合わせたもの)追跡したところ、2208人が新たに乳がんと診断されていました。うち235人が閉経前の発症で、1934人が閉経後の発症でした。

登録時点の飲酒頻度に基づいて、対象者を「非飲酒者」(過去には飲酒したが現在は飲酒しない女性を含む)、「まれに飲酒する女性」(週に1日未満)、「ときどき飲酒する女性」(週に1日以上4日以下)、「ほぼ毎日飲酒する女性」(週に5日以上)に層別化しました。また、1日の飲酒量(エタノール換算)に基づいて、「飲酒なし」、「11.5g未満」、「11.5g以上23g未満」、「23g以上」の 4群に分けました。

なお、エタノール換算で23gというのは、日本酒なら1合(180mL)、ビールなら大瓶1本(633mL)、ワインならグラス2杯(240mL)、焼酎なら0.6合(25度、100mL)、ウイスキーならダブル1杯(60mL)程度に相当します。厚生労働省は、「節度ある適度な飲酒」の目安を1日平均20g程度としています。

次のページ
閉経前の飲酒頻度や飲酒量が増えるほど、乳がんリスク
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント