急制動時にタイヤのロックを防ぐABSを標準装備。倒立タイプのフロントサスペンションは、かなり柔らかいセッティングとなっている

スズキ GSX-R125のようなフルサイズの125ccバイクもある中で、グロムのような小さなロードスポーツバイクの存在意義は、買い物や通勤といった日常的なシーンでもスポーツライディングの面白さの片りんを味わえることにある。そういう意味において新型グロムは、まさしく小型ロードスポーツバイクの王道として正常進化を遂げたといえる。

走行距離が少ないのであくまで参考値だが、68.4キロメートル走行してガソリンは僅かに1.35リットルしか消費しなかった。1リットルあたり50キロメートル以上も走る計算だ。価格は38万5000円(税込み)。

(ライター 佐藤旅宇)

MONO TRENDY連載記事一覧