検証G-SHOCK版スマートウオッチ タフさに賢さプラス

カシオ計算機の「G-SQUAD PRO GSW-H1000」。タフさが特徴のスマートウオッチだ。公式オンラインストアの販売価格は8万8000円(税込み)
日経クロストレンド

カシオ計算機が2021年5月に発売した「G-SQUAD PRO GSW-H1000」は、G-SHOCKシリーズで初めて米グーグルのスマートウオッチ用OS(基本ソフト)「Wear OS」に対応したスマートウオッチだ。耐衝撃性や20気圧防水といったG-SHOCKならではのタフさや、様々なスポーツのデータを測定できるオリジナルアプリなどを強みに、スマートウオッチ市場でもシェア拡大を狙う。

GSW-H1000を腕にはめてまず感じるのは「大きくてゴツい」こと。G-SHOCKらしく大柄で厚みがあり、ベゼルは凹凸のある立体的なウレタン樹脂製でゴツゴツとしている。スマートウオッチ市場で大きなシェアを持つ米アップルのApple Watchシリーズはコンパクトでフラットなデザインだが、それとは対照的。むしろ「真逆」と言っていいだろう。

言うまでもなく、このデザインは耐衝撃性能を高めるためのもの。スマートウオッチとしては極めて頑丈で、スポーツやアウトドアでも安心して使えることがこの製品最大の魅力だ。これなら既存のG-SHOCKファンに対しても、大いにアピールできそうだ。

成人男性の腕に着けても大きく見えるが、重さはそれほどでもない
サイズは縦65.6×横56.3×厚さ21.3ミリメートル。ディスプレーを囲むベゼルは凹凸のあるゴツゴツとしたG-SHOCKらしいデザインだ。操作ボタンも大きい

重さは103グラムで、見た目から受ける印象ほど重くは感じない。数日着けていると、大きさ・重さともに気にならなくなった。汗で汚れやすい裏蓋は耐食性の高いチタン製で、中央に心拍センサーが付いている。バンドは太めで、2穴でがっちりと留めるタイプだ。穴のピッチが細かいため手首の太さに合わせて締め付けを微調整しやすく、心拍センサーを腕にしっかり密着させられる。ジョギングなどで腕を振ってもずれにくい。

裏蓋には心拍センサーが付いている
バンドは2穴で留めるタイプ。裏側にくぼみを付けることで軽量化している
左側には充電用の端子があり、付属のケーブルで充電する
次のページ
オリジナルアプリでスポーツを測定
MONO TRENDY連載記事一覧