バックアップ先は外付けHDDがお勧め

バックアップ先には、いくつかの選択肢がある(図3)。結論からいうと、外付けHDD(ハードディスク駆動装置)にファイル履歴と内蔵ドライブ全体をバックアップするのがお勧めだ(MSオフィスの自動保存機能は、クラウドにバックアップが保存される)。内蔵ドライブはサイズが大きいので、現実的には外付けHDDの一択となる。それなら、ファイル履歴も外付けHDDに保存すればまとめて管理できる。

図3 内蔵ドライブは容量が大きいので、保存先としては外付けHDDが最適。ここにファイル履歴も保存すればよい。ただし、モバイルノートでは、SDカードや出っ張りの小さいUSBメモリーを挿しっぱなしにしてファイル履歴を保存するという選択肢もある

ただし、例外もある。モバイルノートをあちこちに持ち歩く場合、常に外付けHDDを接続しておくことは難しい。その場合、SDカードや出っ張りの小さいUSBメモリーを挿しっぱなしにして、ファイル履歴をそこに保存する選択肢もある。

バックアップの頻度はどれくらい?

バックアップの頻度は、対象によって変える(図4)。なるべく新しいファイルを保持するため、ファイル履歴は最短の10分ごとに設定する。MSオフィスの自動保存機能は、ほぼリアルタイムでファイルが自動的に上書きされ、それがクラウドにアップロードされる。

図4 バックアップの頻度は、対象によって変えよう。個人用ファイルはできるだけ頻繁にバックアップし、最新に近い状態を保持する。内蔵ドライブ全体はサイズが大きく時間もかかるので週1回程度に抑える

一方、内蔵ドライブ全体のバックアップは、週1回程度の頻度に抑えたい。内蔵ドライブは大容量なのでバックアップに時間がかかるうえ、完成するイメージファイルが外付けHDDの容量を圧迫するからだ。

次のページ
ファイルの破損や削除から起動不能まで幅広く対応
MONO TRENDY連載記事一覧