インテリ・ジグザグ・エキス…このカタカナ語の由来は?

日常生活でよく使うのに、語源がわからないカタカナ語は多い。カタカナ語の語源を5つの外国語から選ぶクイズを1000人に出題。正答率が低かったものから順にランキングした。

■1位 インテリ
16.8%
(1)ドイツ語 (2)ロシア語 (3)フランス語 (4)オランダ語 (5)ポルトガル語

「知識人」「知識階級」を意味するロシア語の「インテリゲンチア」の略。インテリゲンチアはロシア文学では日本人にもなじみが深い言葉の一つ。今回の最難問だったが、ロシア文学に通じた人なら迷わなかったはずだ。

もともとは、抑圧された民衆のために活動した知識人たちをいう。1917年のロシア革命の影響を受けた日本のプロレタリア文学の代表的な小説家である小林多喜二の作品には「インテリゲンチャ」の言葉が多く出てくる。今では知識や教養がある人という意味で、広く学者や芸術家、文化人らを指すことも多い。回答はフランス語が35%、ドイツ語が30%とロシア語を大きく上回った。正答率は40代女性の22%が最高だった。

<正解は(2)ロシア語>

■2位 ジグザグ
20.2%
(1)ドイツ語 (2)ロシア語 (3)フランス語 (4)オランダ語 (5)ポルトガル語

直線が左右に何度も折れ曲がっている物や形のことで、子どもも日常的によく口にする。「zigzag」という言葉は、英語をはじめ世界の複数の国で使われており、英語が由来とする辞書もある。ただ、フランスで最も古く1600年代から使われていた説が有力。「歯」を意味するフランス語の「ザグ」が重複されたもので、「ノコギリの歯」が由来。日本語では「ギザギザ」や、稲妻の光になぞらえて「稲妻形」とも呼ぶ。

形だけでなく、人の動きや道の形状を指すことも多い。60代以上の人なら、かつて過激派が抗議行動で街頭で左右に行進した「ジグザグデモ」を思い浮かべるかもしれない。回答はオランダ語が24%と最も多かった。

<正解は(3)フランス語>

■3位 エキス
21.6%
(1)ドイツ語 (2)ロシア語 (3)フランス語 (4)オランダ語 (5)ポルトガル語

「抽出物」を意味する「エキストラクト」というオランダ語が語源。遅くとも江戸後期には日本でも使われ、「越幾斯(エキス)」などと漢字が当てられた。薬物や食品の有効成分を抽出し濃縮したものを言う。物事の最も本質的な部分、「エッセンス」という意味で使うこともある。

鎖国をしていた江戸時代もヨーロッパで唯一貿易を行っていた相手がオランダ。オルゴール、ランドセル、コンパス、ポン酢(かんきつ系の果汁「ポンス」に「酢」を当てた言葉)など日本語として定着したオランダ語は多い。フランス語の誤答が32%と最も多く、特に60代男性は45%と半数近くがフランス語と勘違いしていた。

<正解は(4)オランダ語>

■4位 カンパ
23.0%
(1)ドイツ語 (2)ロシア語 (3)フランス語 (4)オランダ語 (5)ポルトガル語

政治団体などが大衆に運動を促すことや、そのための寄付を募ることを意味するロシア語の「カンパニア」が語源。英語のキャンペーンに通じる言葉。もともとは左翼運動における用語だったが、日本では街頭でよく見られるような社会的活動や災害支援のため、善意の資金集めを意味することが多い。

ロシア語由来の政治的な言葉というイメージが少ないせいか、ドイツ語とオランダ語の誤答がそれぞれ約22%あった。年齢、性別でみると、60代男性の正答が14%と最も低かったのに対し、60代女性が33%と最多で、なぜか高齢者の男女差がとても大きかった。

<正解は(2)ロシア語>

■5位 ノルマ
24.1%
(1)ドイツ語 (2)ロシア語 (3)フランス語 (4)オランダ語 (5)ポルトガル語

「標準的な仕事量」を意味するロシア語。このロシア語が日本に入ってきた背景には暗い戦争の歴史がある。第2次大戦後、当時のソ連によりシベリアに抑留されていた旧日本軍の捕虜の人たちが帰国後に日本国内に広めた言葉とされる。一定の時間内に遂行すべき労働の作業量が語源だ。

戦後、日本企業に浸透したこのロシア語は、サラリーマンに割り当てられる達成すべき仕事の目標数値となった。「厳しいノルマ」として過労の原因ともなり、今ではノルマ廃止の動きもある。言葉の響きからか、ドイツ語の誤答が29%と最も多かった。20代は男女とも正答が2割を切った。

<正解は(2)ロシア語>

注目記事