「ゴルフ帰り?」と言わせない 大人の仕事ポロシャツ

MEN'S EX

クールビズで便利なのがポロシャツだ。襟があるおかげでTシャツより「きちんと感」も出るため、愛用している人も多いだろう。肌ざわりがサラッとしていて夏向きの鹿の子ポロに加え、涼感素材を取り入れたものも増え、選択の幅も広がっている。気をつけたいのは「ゴルフ帰り」のような雰囲気にしないこと。襟やシルエットの工夫でドレス感を醸し出す、ワザありポロシャツを紹介しよう。




定番ポロは“鹿の子地”で肌への密着を防止

定番すぎて忘れがちだが、鹿の子(ピケ)のポロシャツはスポーツ出自の機能ウエア。編み目の凹凸がもたらすサラリと心地よい着心地は、最新の涼感素材にもひけをとらない。むろん襟付きだからこそ、Tシャツや丸首ニットより品を醸し出せるのもメリット。夏場のマルチプレーヤーの実力に、改めて着目したい。

LACOSTE × ESTNATION(ラコステ × エストネーション)

“パリポロ”をベースに生地から完全別注

ジャケット12万4300円/ヴァルディターロ ペル シップス(シップス 銀座店)

服好きに人気の高い往年の仏製ラコステをベースに、サイズや仕様を細やかにアレンジ。表情豊かな鹿の子生地もエストネーションのために新開発したもので、通気性や速乾性に富む。ボディー同色のワニロゴやありそうでなかった胸ポケ仕様などもラコステファンをくすぐるだろう。コットン100%。各2万900円(エストネーション)

POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフ ローレン)

肌に心地よいだけでなく地球環境にも優しい

再生ポリエステルを原料とする高品質な糸を編み上げた「アースポロ」。一枚につき平均12本のペットボトルをリサイクルした素材が使われるという、現代にあったサスティナブル性の高いモデル。もちろん鹿の子地の心地よさはそのまま。シルエットは人気の高いカスタムスリムフィットだ。1万9800円(ラルフ ローレン)

BROOKS BROTHERS(ブルックス ブラザーズ)

アメトラの名門が長年作るポロの新作

一般的な鹿の子地よりも目が細かく、通気性も高いコットンピケ素材を使用したブランドの新作ポロ。襟が比較的しっかりしているため、ジャケットのインにも使いやすいモデルだ。胸にあえてロゴを配さず、代わりに小ぶりなポケットを装備しているのもポイント。1万2100円(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

JOURNEY MAN(ジャーニーマン)

希少なスビン綿使用の粋なスキッパーポロ

襟の開きが美しいスキッパータイプのポロ。生地はインド最高級の希少な超長綿、スビンコットンをハイゲージに編み立てた鹿の子地。もともと細くてしなやかな繊維に、特殊な柔軟加工を施したことでとろけるようなシルキーなタッチに仕上がっている。コットン100%。1万5400円(ストラスブルゴ)

DRUMOHR(ドルモア)

製品段階での染め&洗いでこなれ感アップ!

シャキッと清涼な生地感のコットンピケを使用。ややくすんだ水色がいかにも日に焼けた肌に映えそうだが、この色は製品染め×製品洗いによるもの。ステッチ部分にはアタリも出ており、こなれた感じで着回せるだろう。台襟付きでジャケットインも決まる。コットン100%。2万900円(バインド ピーアール)

次のページ
クールマックス&アイスコットンでクールなポロ選び
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram