5000円以下のオーディオ3機種 ノイキャンイヤホンも予算5000円以下で買える周辺機器&デジタルグッズ(4)

日経PC21

作業環境や普段の生活を豊かにする周辺機器やデジタルグッズ。今回はビデオ会議やパソコン環境を改善するほか、スマートフォンでも役立つアイテムを予算5000円以内でピックアップ。日経PC21編集部が実際に購入して評価した。第4回はお値打ちのオーディオ関連3製品を紹介する。

ネックスピーカー:家事しながら使える首かけタイプ

Ibesta-908(Ibesta)
●通信方式:Bluetooth 5.0●連続使用時間:12時間●サイズ:幅22×奥行き20センチ●重さ:243グラム

耳を塞がず、ハンズフリーで使えるネックスピーカー。家事などをしながら音楽や映画などを楽しみたい人にお薦めの製品だ。高額なイメージもあるが、Amazonでは2000円台で手に入る。目を付けた「Ibesta-908」もそんな一台。首へのフィット感が良く、音も臨場感があった(図1図2)。

図1 U字状の本体で首にかけて使うワイヤレススピーカー。3次元(3D)サウンド対応で、臨場感のある音声を楽しめる
図2 使用例。本体に弾力性のあるシリコン素材を使い、首が太い人でも幅が広がり、フィットする

このネックスピーカーをさらに活用したいなら、Bluetoothの送信機が一押し。テレビに取り付けると、放送している音声を聞けるようになり、利用機会が広がる(図3)。

図3 Bluetooth送信機を組み合わせると、テレビの音声も楽しめるようになる。写真の製品(TaoTronicsのTT-BA09)は2台に同時に音声送信ができる
次のページ
ANC対応イヤホン:5000円以下でもノイキャン対応
MONO TRENDY連載記事一覧