パソコン作業が効率的に 5000円以下の厳選6アイテム予算5000円以下で買える周辺機器&デジタルグッズ(2)

作業環境や普段の生活を豊かにする周辺機器やデジタルグッズ。今回はビデオ会議やパソコン環境を改善するほか、スマートフォンでも役立つアイテムを予算5000円以内でピックアップ。日経PC21編集部が実際に購入して評価した。第2回はパソコンの作業環境を改善する6アイテムを紹介する。

クッション:体重を分散して腰痛防止

座布団クッション(IKSTAR)
●材質:メモリーフォーム(中材)、ポリエステル(カバー表面)、PVC(カバー裏面)●サイズ:幅46×奥行き38×高さ4~11センチ●重さ:1.1キロ

デスクワーカーに多い腰痛を解消すべく、目を付けたのが低反発クッション。今回は2000円台半ばのIKSTARの「座布団クッション」を購入した(図1図2)。本体はU字状。クッション部に低反発素材を使い、お尻から太ももにかかる体重を分散する。作業時の姿勢もやや前傾するため、自然と背筋が伸びるのを実感できた。難点はクッションが厚く、椅子の座面を1番低くしても足が浮いたこと。気になる人は、フットレストの併用を推奨したい(図3)。

図1 人間工学に基づいてデザインされたという低反発クッション。U字状の形状が尾てい骨をサポートし、お尻や腰にかかる負担を軽減する
図2 椅子にセットしたところ。着座してみると、背筋が伸びるような感じがし、自然と姿勢が良くなった
図3 クッションは厚みがあるため、足の裏が床から浮きやすい。気になる人は、図のようなフットレストも使いたい

リストレスト:けんしょう炎や腕の疲れを軽減

200-TOK015BK(サンワダイレクト)
●材質:ポリエステル(表面)、PEフォーム(内部)●サイズ:幅33×奥行き7.4×高さ2.3センチ●重さ:56グラム

入力作業が多い人にお薦めなのがリストレスト。実際に使うと、腕から肩までの負荷が軽くなるのがわかる。この手の製品はキーボード用が大半だが、サンワダイレクトの「200-TOK015BK」はノートパソコンを想定した珍しいタイプ(図4)。高さが2.3センチと薄く、ノートパソコンの前に置いても使いやすかった(図5)。

図4 キーボードで文字を入力するときに、手首や腕を支えてくれるリストレスト。2.3センチという薄さが、ノートパソコンにマッチする
図5 ノートパソコンでの利用例。手首から10センチほどの部分をサポートできた。表面はさらりとしていて肌触りも良かった
次のページ
エルボーレスト:肘へのサポートで負荷軽減
MONO TRENDY連載記事一覧