設営・片付けが楽な小型テント10選 日よけやごろ寝に

(右から反時計回りに)1位のニトリ フルクローズシェード ウェーブ ISH、2位コールマン クイックアップIGシェード+、3位LOWYA ポップアップテント幅200
(右から反時計回りに)1位のニトリ フルクローズシェード ウェーブ ISH、2位コールマン クイックアップIGシェード+、3位LOWYA ポップアップテント幅200

新型コロナウイルス下の公園で、見かけることが多くなった小型のテント。「密」を避けてちょっとしたアウトドア気分を味わえ、日よけやごろ寝にもってこいだ。持ち運びや、設営・片付けがしやすいテントを専門家が選んだ。

■1位 ニトリ フルクローズシェード ウェーブISH
610ポイント 軽くて手ごろな「お値段」

約4000円という手ごろな価格と一定の品質を確保したバランスが評価され、首位に輝いた。軽量で持ち運びがしやすく、広げるとポップアップ式で一瞬でテントが立ち上がる。背面にはメッシュの窓があり、風も通る。扉部分のファスナーを閉めればプライベートな空間になり、着替えや授乳などにも使えそうだ。

畳み込む際にはやや力がいるが、「収納袋に空気穴が空いていて膨らみにくく、しまいやすい。品質に対する価格の安さという点で優れている」(成木海次郎さん)と、コストパフォーマンスは抜群。「このデザインと機能でこの価格。柄も涼しげで必要な機能のみを残し、価格をしっかりと抑えられている」(岡宏昭さん)と評価された。

店頭でも人気が高く、ニトリによると現在は在庫切れで次の入荷は7月中旬以降になるという。子育て世代からも「家族でゆったりするほどの広さではないが、ここをベースに外遊びをするには十分。コンパクトで扱いやすい」(AYUMIさん)と使いやすさが支持された。

価格を抑えた分、側面には窓がないなどシンプルさが特徴だ。夏場に屋外で使うと蚊などの虫が気になる人もいるだろう。「フロントの扉部分に虫よけのメッシュがあるとよかった」と改善点をあげる専門家がいた。「前に張り出すフロアシートがあればもっと使いやすくなるはず」との提案もあった。

「あと1000円高ければ割高感が出てくる」との声もあり、手軽に使いたい人にとっては十分だが、アウトドア経験が豊富な人には少し物足りないかもしれない。

(1)3990円(2)約1.6キログラム

■2位 コールマン クイックアップIGシェード+
590ポイント 日差し遮り涼しく

遮光性が抜群の高機能ポップアップ式テント。「ダークルーム」という独自技術で室内は暗く、「夏の日差しを遮って涼しく過ごせる。上部に通風口もあるので熱がこもりにくい」(牛島義之さん)。昼寝には最適という声もあった。

小型のテントには珍しく、耐水圧が約3000ミリメートルと高く「突然の雨にも対応できる」(長谷部雅一さん)。防虫効果のあるメッシュも採用。持ち運びにも困らない重さで、比較的片付けもしやすい。

首位のニトリと同様、「テント前の地面に張り出せるシート部分があればよかった」と惜しむ声が複数あがった。窓はそれほど大きくないので、せっかく屋外で使うのに「開放感が乏しい」との指摘もあった。

(1)9280円(2)約2.7キログラム

■3位 LOWYA ポップアップテント幅200
580ポイント おしゃれで豊富なデザイン

おしゃれなデザインが人気。比較的広めで、前後をオープンにできるので開放感がある。扉部分にはファスナーで開け閉めができるメッシュもついているほか、前方に張り出せる十分な広さのフロントシートもあり、アウトドア気分を満喫できる。

伊藤光太郎さんは「デザイン、機能、携帯性、価格のバランスが良く、自分が妻にプレゼントするならこれ」だという。「軽いので比較的力のない人でも持ち運びをしやすく、内側にポケットやフックもあり便利」(天野ひかりさん)と女性からの評価が高かった。

デザインは9種類。側面上部には小窓があるが、テントの生地は光を通しやすく「裏面にシルバーコーティングがないため、真夏で無風のときは暑さが厳しいだろう」との見方も出ていた。

(1)6290円(2)約3キログラム

■4位 山善 ポップアップテントTGSー6UV
490ポイント 風通し良く十分な広さ

ポップアップ式ながら十分な広さがあり、「全面にメッシュの開口部があって通気性の良さが魅力的。木陰にいるような心地よさを感じることができそう」(渡部郁子さん)。フロントシートも足を伸ばせて便利だ。開口部を閉めることもできるので着替えも可能。窓は大きく、開放感がある。

山善は家庭用機器を幅広く展開しており「家電同様に機能をしぼって値段を抑えながらも、十分な機能」(石田礼さん)。一方で「地味」「おしゃれなデザインが加われば最高」と改善に向けた注文も出ていた。

(1)オープン価格(実勢価格は約4300円)(2)2.2キログラム

■5位 CHUMS ポップアップサンシェード3
400ポイント 目立つ色合い、重し袋も

赤い色が際立ち、小型テントが林立する週末の公園では探しやすい。背面に大きなメッシュの窓があるが、閉め切ればプライベート空間を確保できる。「公園用としてバランスが良い」(伊藤さん)。「風で飛ばされないよう、重し用の袋や内ポケットなどがあるのもいい」(中嶋信さん)。ただワイヤがやや固めで、畳む際に力がいるという指摘もあった。

同社製品では、2本のポールを交差させて立ち上げる「ブービーサンシェード」(1万6280円)も評価が高かった。こちらはメッシュの窓で四方が開くので、開放感や広さを重視する人向けだ。

(1)8580円(2)約2キログラム

注目記事