雨の日こそ「魅せ」場 美レインコートにエスコート傘ファッションディレクター 清水久美子

梅雨時を逆手にとって魅力を演出する、おしゃれ小物が充実してきた
梅雨時を逆手にとって魅力を演出する、おしゃれ小物が充実してきた

どんな女性とて、頼りになる男性には弱いもの。古今東西の映画の中でも、明らかにピンチというシーンでひょうひょうとその状況に対応しつつ、ついでに女性に甘い笑顔まで向ける、そんな臨機応変で大人の余裕があるヒーローが、世界中の女性の心を何度わしづかみにしたことでしょう。どんな状況下も「魅(み)せ」場にする。そんな男性は別格な存在感を放ち、「……見つけたわ」と女性の心をとらえるのです。




日本でも本格的な梅雨のシーズンが到来。東京・丸の内は行幸通りでも、カラフルな傘の花を咲かせた女性たちのテンションも雨でやや下がり気味。曇天の空を見ながら、来るべき恋の本番である夏にふっと思いをはせたりします。そう、雨の日は行動も服装も制限され、内向きな気分になるもの。

群雄割拠のレイングッズ 大人にふさわしいのは…

では、恋のチャンスもブルペンタイムでしょうか。いえいえ、先ほどのハリウッドのヒーローではございませんが、雨というダウナーの入った状況は、ある種のピンチであり、そうチャンス。鬱陶しい天気をモノともしないようなスタイリッシュな印象は周囲の女性の評価をかなり上げるはず。ジョージ・クルーニーが丸の内あたりにいたら、「出番だな」と指を鳴らすタイミングが、そう梅雨なのです。

「……と、言ったってねえ、行動もお洒落(しゃれ)も制限されるからなあ」とは、湿気に弱く髪形が決まらないダーリンのセリフ。雨といえば、レインコートに傘に長靴。機能ありきのイメージは女性へのアピール力に欠けるイメージも確かにありました。けれど天候不順が続く昨今、かつてないほどレイングッズは群雄割拠。大人の男を引き立てる艶ありのディテール満載のデザインが今ほどそろっているタイミングはありません。

では、女性の心をときめかす演出力の巧みな逸品は何でしょう? 女性目線で選んでみました、とろけるレイングッズ。雨の日こそ“攻め”で、水もしたたるいい男になってくださいませ。

晴れたら肩掛けスタイルに 変身するレインコート

降ったかと思えば、晴れる。ゲリラ豪雨も日常になった亜熱帯化する日本の気候。そんな不安定な気候も魅せ場にするのが、こちら、イタリアの老舗アウターブランド、シーラップのモッズコート。キャップのようなツバのついたフードにドローストリングとアクティブなディテール、高密度のポリエステルタフタならではのシルクを思わせる品のある光沢感は、大人のこなれ感と余裕を感じさせるに十分な艶っぽい雰囲気です。こんなコートをさらりと羽織れば、梅雨映えは間違いなし。お洒落な女性ほど「……雨なのに、あら」と、その完成度の高い着こなしに、ぐっと引き付けられるはずです。

アウターブランドの名門が放つモッズコートは、アーカイブの復刻版。廃れない魅力を今のバランスに再編集した人気商品です。持ち運びに便利な同素材のバッグ付き。パッカブル ライト モッズコート 9万7900円/シーラップ(フローエンス)
次のページ
急な雨にも慌てないサイクリングセットアップ
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram