夏菜 手放せぬiPad、好きなゲームは「PUBG MOBILE」

全国公開中の映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』に出演している夏菜さん

女優として映画やドラマに出演する一方、バラエティー番組でも活躍してきた夏菜さん。最近、肌身離さず持っているというのはiPad。輸送機から戦場に降り立ち、最後の1人になるまで銃を持って戦うオンラインサバイバルゲーム(サバゲー)にハマっているという。

今も昔も、活力源はオンラインゲーム

「私はもともとゲーマーで、これまでに出たゲーム機はほとんど買っているくらいなんです。今も持っているのはプレイステーション4とWii U。一番使っているのがiPadです。iPadでいろんなゲームができるんですけど、今、特にハマっているのが、『PUBG MOBILE』という撃ち合いのオンラインゲームです。去年、友だちに勧められて外出自粛期間に始めたら、もう、楽しくて。毎日やらないと1日が始まらないし、終われない(笑)。ずっと家にいて、そのゲームを延々やっていました。

ゲームに興じる夏菜さん(夏菜さんのYouTubeチャンネル『なつなかん -夏菜YouTubeチャンネル-』より)

PUBG MOBILEの魅力は、オンラインで友だちと一緒にプレイできること。外出自粛期間は友だちに会えなかったんですけど、ボイスチャット機能を使えばいくらでも話せるので、お酒を飲んだり、他愛もない話をしたりしながらゲームしてました。あと、とにかくバンバン銃を撃ちまくるので、ストレス解消になりますね。PUBG MOBILEのおかげで、外出自粛期間も楽しめました」

夏菜さんは、スカウトされて2006年にデビュー。しかし11年の映画『GANTZ』のヒロインに選ばれるまでチャンスに恵まれず、地元でアパレル店員をしていた時期もある。

「当時はパソコンでオンラインゲームをしていました。ゲームって、けっこう力になるんですよ。『今日は、こんな嫌なことがあった』とオンラインでみんなに話すと、『じゃあ、スッキリしようぜ!』っていう感じで、盛り上げてくれる。ヴァーチャルで出会った人たちと、実際に会ったこともありますよ。岐阜の公務員の方と元海上自衛隊の子と私のリアルな友だちと、みんなで集まってオフ会をしました。今も昔も、オンラインゲームが、私の活力です」

ゲーム実況を配信するYouTubeチャンネルを開設するほど、『PUBG MOBILE』にハマっている夏菜さん。「私は基本的に家が好き。家にいながら人とつながっていられるオンラインゲームは性に合ってたんだと思います」
2021年1月に一般男性との結婚を発表した夏菜さん。実は『PUBG MOBILE』を勧めてくれたのが、現在のパートナーだという
次のページ
1995年の「悪女」を演じる
MONO TRENDY連載記事一覧