高速道料金に変動制導入 五輪で試行、渋滞緩和なるか

トラックなどで早朝に混雑する首都高速湾岸線(東京都江戸川区)
トラックなどで早朝に混雑する首都高速湾岸線(東京都江戸川区)

高速道路の渋滞を緩和するため、料金を変えることで交通量を調節する仕組みの検討が進んでいます。国土交通省は東京五輪・パラリンピックの期間中、東京都内の首都高速道路で試行し、効果を踏まえて大都市圏で段階的に広げる方針です。

五輪の選手や関係者は主にバスで移動します。時間通りに動けるよう、都内の首都高は午前6時~午後10時に料金を1000円上乗せして交通量を抑えることにしました。逆に午前0~4時は半額にします。

1000円上乗せの対象は、首都高で交通量の48%を占めるマイカーです。トラックやタクシーは業務に配慮して上乗せされません。夜間半額はすべての車両に適用されます。

上乗せは2000円でないと効果が十分でないとの見方もありましたが、道路政策に詳しい専修大学の太田和博教授は「コロナ禍で交通量が減り、結果として1000円でも定時性の確保に資する」とみています。

料金で混雑を調整する仕組みは各国にあります。英国のロンドンは平日の日中、中心部に入る車両に1700円余り課金しています。コロナ下では移動を抑えるため金額を引き上げ、土日や夜間にも広げました。

シンガポールでは都心に課金ポイントを設け、平均時速が45~65キロメートルになるよう0~500円ほど課金しています。コロナ下では交通量が減り、課金なしの時期もありました。

国交省は五輪での試行を踏まえ、変動料金制を導入する予定です。まず休日に渋滞する東京湾アクアラインや中央自動車道の小仏トンネルなどの区間で、曜日や時間帯を決めて割増料金の導入を検討します。

次の段階では複数のルートがある区間で混雑する方の料金を上乗せします。東名高速道路から東北自動車道に抜ける場合、都心経由の料金を上げ、圏央道などへの迂回を促す形です。将来は混雑に応じて料金を変える弾力的な制度を考えます。

同じ公共料金でも鉄道はコストで決め、高速道路は需要で決めています。混雑している道路は需要が多いといえるので、高い料金に設定するのは理にかなっているといえます。

ただ高い料金でも混雑区間を使わざるを得ない人には不満もあるでしょう。太田教授は「割り増し分で混雑区間の車線を増やすなど、混雑対策への還元を考えるべきだ」としています。

交通政策の基本は移動コストを下げることです。高速道路は2065年以降、無料にすることになっていますが、維持費などを賄うため永久に有料とすべきだとの意見もあります。五輪を機会に高速道路料金の議論が深まることが期待されます。

注目記事
次のページ
太田和博・専修大教授「料金制度の議論深める機会に」