新型コロナで糖尿病を新たに発症 気になる治療法は?

ナショナルジオグラフィック日本版

インスリンは血糖値を正常に保つホルモンだ(PHOTOGRAPH BY KLAUS OHLENSCHLAEGER, ALAMY STOCK PHOTO)

2020年の春、米国の新型コロナウイルス感染拡大の中心地だったニューヨーク市の医師たちは、新型コロナ感染症の入院患者の中に、血糖値が高すぎる人がかなりいることに気づいた。高血糖は糖尿病の代表的な特徴だ。

「糖尿病の既往歴がないのに、血糖値のコントロールが非常に困難な新型コロナ患者がいることに気づきました」と、米ワイルコーネル医科大学の幹細胞生物学者シュイビン・チェン氏は語る。さらに驚いたことに、新型コロナに感染する前は糖尿病ではなかった人が、回復後に新規に糖尿病を発症した例もあった。

新型コロナウイルスが肺を損傷して急性呼吸器症状を引き起こすことはよく知られている。しかし、感染者がなぜ、どのようにして糖尿病のような慢性疾患を突然発症するのかは謎であり、そうなる人の割合も不明だ。

カナダ、マクマスター大学の集団医学の研究者ティルナブカラス・サティシュ氏が中心となって20年11月に医学誌「Diabetes, Obesity and Metabolism」に発表した系統的なデータ分析では、新型コロナ入院患者の約15%が糖尿病も発症したことが明らかになった。ただし「この割合は、例えば糖尿病予備軍のようにハイリスクな人ではもっと高くなりそうです」と氏は言う。

また、米ハーバード大学医科大学院の内分泌学者パオロ・フィオリーナ氏が主導して学術誌「nature metabolism」に21年5月25日付で発表した研究では、イタリアで新型コロナ感染症により入院した551人の患者のうち、半数近くで高血糖が見られたと報告されている。

「新型コロナの重症患者の30%が糖尿病を発症する可能性」があると米スタンフォード大学医科大学院の生化学者ピーター・ジャクソン氏は推定している。

新型コロナ感染症と糖尿病との驚くべき関連に興味を持ったチェン氏とジャクソン氏は、新型コロナウイルスが高血糖を引き起こすしくみを明らかにするため、それぞれ独自に研究を開始した。チェン氏のグループの研究成果は5月19日付で、ジャクソン氏のグループの結果は18日付で学術誌「Cell Metabolism」に掲載された。

米ジョンズ・ホプキンス大学内分泌・糖尿病・代謝部門のリタ・カリヤニ准教授は、「これらの研究は、新型コロナ感染症が糖尿病を新規に発症させるメカニズムを解明する上で非常に重要な知見です」と評価している。なお、氏はどちらの研究にも関わっていない。

次のページ
もう一つの標的、膵臓
ナショジオメルマガ