栽培しやすいローズマリー 飾りに料理に使い方も様々

NIKKEIプラス1

ローズマリーを使った料理や調味料、ブーケなど(埼玉県久喜市のポタジェガーデン)=山田麻那美撮影
ローズマリーを使った料理や調味料、ブーケなど(埼玉県久喜市のポタジェガーデン)=山田麻那美撮影

いま園芸店ではハーブの売れ行きがよく、特にローズマリーが人気だという。香りに清涼感があり、料理にも使え、蒸し暑い気候と新型コロナ禍で蓄積するストレスを和らげてくれる。

「ローズマリーは夏も冬も越せる強さがあり、栽培しやすいハーブです」――。埼玉県久喜市のハーブ農場「ポタジェガーデン」。社長の平田智康さんが教えてくれた。約150種類のハーブを栽培し、スーパーやレストラン、園芸店に卸している。うち20種類がローズマリーだ。まっすぐ伸びるタイプ、はうように育つ種類、その中間と生え方には3種類あり、花も青、紫、ピンク、白と多彩だ。

日当たりをそれほど求めず、強い香りのおかげで虫がつくことも少ないのでベランダや室内での栽培にも適している。栽培のポイントは水はけのいい土、適度な水やり、切り戻しだ。「庭で栽培するなら、水やりは雨を待つ程度でよく、室内ならアブラムシよけにもなるので、ときどき霧吹きをかけます」(平田さん)。葉が密集して風通しが悪くなったら切り戻しを。「枝の根元ではなく途中で切るのが大切です。こうするとまた芽が出てきます」(同)

マメな人はミントを、マメではない人にはローズマリーを、というように、水やりも気がついたときでいい。そのため、水を好むミントとの寄せ植えはおすすめしない。

栽培を始めたら、観賞するだけでなく生活に取り入れてみたい。同農場でハーブ料理コンシェルジュを務める小早川愛さんは「ハーブの香りは癒やしでもあり、パワーも与えてくれます。ハーブのある生活というとハードルが高く感じる方もいると思うので、身近なもので簡単に楽しめる方法を考えています」と話す。

ローズマリーは針葉樹のように細長い葉が集まった珍しい形をしているので、束ねるだけでインパクトのあるブーケになる。「あれば別のハーブを2~3種交ぜるとより華やかになる」(小早川さん)。短く切ってコップに差したり、つるしたりして台所に飾れば、見た目と香りを楽しみながら、料理にも使える。長めに切って花瓶に差してリビングなどに飾れば、洗濯物の部屋干しが増える季節にも匂いが気にならなくなる。

茎の柔らかい部分3~4本を丸め、マスキングテープや麻ひもでとめると、大きさによってドアノブにかけるリースにも、箸置きにもなる。

注目記事
次のページ
精油で集中力アップ