写真で紹介 パナソニック新Let's noteはスリムが光る戸田覚の最新デジタル機器レビュー

新登場のLet's note FV

パナソニックからノートパソコン「Let's note(レッツノート)」の新モデル「Let's note FV」がリリースされた。価格は直販モデルで27万6100円からと最近のパソコンとしてはかなり高価だが、それだけの価値のある製品となっている。今回はその魅力を、写真で詳しく紹介する。

【記事本編はこちら】パナソニック新Let's note スリム×14型画面×拡張性

厚さは18.2ミリのスリムボディー

本体のデザインはLet's noteらしい
本体はかなり薄い

狭額縁の3対2ディスプレー

右のVAIO Zと比べると画面が縦方向に広いことがわかる

変わらない素晴らしさ

拡張性の高さは従来モデルと変わらない
VGA端子をいまだに備える
バッテリーはユーザーが簡単に交換できる
バッテリーを外した奥にLTEや5GのSIMを入れるスロットがある(モデルによる)
次のページ
キーボードは非常に打ちやすい
MONO TRENDY連載記事一覧