主力・大黒柱はmainstayで表現 ビジネスで使える英語デイビッド・セイン(18)mainstay

ニュース英語は難しいと思われるかもしれませんが、多くの人が読みやすいように書かれているので、実は英語学習にはうってつけです。ニュースを使った英語学習アプリ「日経LissN」から会話でも使える表現をピックアップし、ニュース内での扱われ方、また日常会話での言い換えバリエーションなどをご紹介し、フレーズの理解をさらに深めてもらいます。ニュースを英語で使える表現の引き出しを増やして、会話のバリエーションをつけていきましょう。

◇   ◇   ◇

世界でも長年課題になっている「環境負荷の緩和」。重要な鍵を握っていると期待されているのは「再生エネルギー」です。これまで日本はその導入で他国に後れをとっていました。それでも政府は2050年に温暖化ガス排出量を実質ゼロにするという目標を掲げて進めているようです。今回は、その再エネの普及には欠かせない洋上風力発電に関する記事をご紹介します。

Let's read !!! 早速記事の一部を読んでみましょう。

Inter-regional power grid capacity to be doubled for flexible and smooth accommodation of offshore wind power
地域間送電網、容量2倍 洋上風力の融通円滑に
  
全国で送電網を新設、増強する

The Ministry of Economy, Trade and Industry and the Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators (OCCTO) have put together a plan to increase the capacity of the inter-regional power grid by up to 23 million kilowatts, doubling the current capacity. Multiple routes will be newly built or added, including those between Hokkaido and Kanto, and between Kyushu and Honshu. The development of wide-area power transmission infrastructure, which is late compared to Europe and other regions, will finally begin for the mass introduction of offshore wind power generation, which will become a renewable energy mainstay.
The government has set a target of virtually zero greenhouse gas emissions by 2050. The weakness of the power grid has hampered the spread of renewable energy, which is essential for achieving this target.
(LissN 2021年4月30日配信)

【Words and Phrases】
put together a plan 計画案をまとめる
inter-regional 地域間
newly 新たに
infrastructure インフラ
offshore wind power generation 洋上風力発電
renewable energy 再生可能エネルギー
mainstay 主力の
次のページ
mainstay …...に注目してみよう!
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら