そうして積み上げたキャリアが評価され、30代に入って外資系投資銀行への転職をかなえました。未経験ながら、管理職としての採用。その後はもちろん常に順風満帆なキャリアとはいきませんでしたが、キャリア全体を通じて計4回の転職を重ねた結果、30代後半には年収が派遣社員の頃の約6倍になりました。

転職成功で年収増(写真はイメージ=PIXTA)

人生の満足度を上げる転職のためにはまず目標を立て、それに向かってPDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルを回していく意識が必要。キャリアアップに欠かせない心構えを20代の失敗経験から学びました。

藤原淳(ふじわら・じゅん)
2000年に米国の大学を卒業後に帰国。外資系証券会社の派遣社員としてキャリアをスタート。日系証券会社に転職し、正社員に転換。金融業界で計4回の転職を重ね、30代後半の年収は派遣時代の約6倍に。17年にキャリアメンターとして起業。19年に求人を紹介しない転職支援サービス「wami career」を立ち上げ、キャリアメンターとして多くのビジネスパーソンの相談に乗っている。

(ライター 加藤藍子)

(下)転職で年収増やす 3つの軸の掛け合わせがポイント

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら