スシローの居酒屋・杉玉 「キャビア寿司」でも329円

阿佐ヶ谷店の「キャビア寿司」
阿佐ヶ谷店の「キャビア寿司」

回転ずし最大手のスシローが「杉玉(すぎだま)」というすし居酒屋を増やしている。この「杉玉」、スシロー経営だけにおいしいのはもちろんのこと、一皿一皿に心躍るような「楽しさ」を盛り込んでいる。そしてほとんどが329円。おいしくて楽しくてリーズナブル。回転ずしとは違ったエンターテインメントがここにある。

3号店である神楽坂店を平日昼すぎに訪れた。シンプルなメニューブックのトップにあるのが「極み寿司」シリーズ。「寿司を極めた職人だからこそ生み出せた、一歩先をいく寿司。それこそが『極み寿司』」とあおってくる。おー、受けて立とうじゃないか。

神楽坂店の「雲丹といくらのこぼれ軍艦」

一押しの「雲丹(うに)といくらのこぼれ軍艦」を注文する。1人1貫、1日限定10食という挑戦状付きだ。カウンターに運ばれてくる皿、中央に軍艦があり、そこからイクラがこぼれまくっている。ご丁寧にこぼれイクラを食べるためのスプーン付き。本体を食べる前にまずはイクラをすくって口に入れ、ノンアルコールビールを流し込む(あ~、酒が飲みたい)。ウニも3切れ乗っているので、それをつまみにまたノンアルビールを流し込む(しつこいが、あ~、酒が飲みたい)。1貫で329円だと割高に思えるが、この1貫でビール1本はいける(酒類提供制限が早く解除になりますように)。

神楽坂店の「赤海老 他人の子持ち」(手前)と「炙り帆立 トリュフのせ」(奥)

「極み寿司」のオススメは他にもある。「赤海老 他人の子持ち」と「炙(あぶ)り帆立 トリュフのせ」。どちらも1貫329円だ。「他人の子持ち」はいわゆるキャビア、トリュフも乾燥物ではなく、しっとりしていて微妙な味付けをしている。赤エビは、シャリの倍くらいの大きさがあり、プリップリ。ホタテもあぶりが効いている。どちらもしょうゆをつけずにそのまま食べることができる。

「杉玉」神楽坂店

好みだが、すしにしょうゆをつけるのは、あまり好きではない。「岩塩や茶塩をパラっとかける方がうまい」と通ぶっているわけではない。しょうゆをつけすぎると、しょうゆの味しかしないのが、どうも気になるのだ。「杉玉」は、そこを分かっていてくれる。酒飲みの心が分かっている。

次のページ
「ガチャポン」容器入りのポテトサラダはSNS映え確実
メールマガジン登録
大人のレストランガイド