飲料メーカーも新商品

飲料メーカー各社も新商品を続々と開発しています。キリン傘下のメルシャンは6月29日、ノンアルのワインエキスを使ったサングリア「モクバル」を2種類発売します。アサヒビールも6月29日、アルコール度数が0.5%の「ビアリー」の第2弾として「アサヒ ビアリー 香るクラフト」を発売します。

メーカー各社は飲食店での酒類の提供が制限された分を好調なノンアル飲料でカバーしていきたいのですが、それでもノンアル飲料はビール類やチューハイといった酒類に比べ6%程度の市場規模しかありません。ビール大手4社の4月のビール系飲料の販売量は20年4月に比べ12%増でしたが、コロナ禍以前の19年4月と比べると12%減でなお低調です。本格的な回復はまだ見えずビール飲料の価格にも影響が出かねません。本来ならこれからビアガーデンや屋外レジャーでビールは最需要期に入ります。ビール会社だけでなく、「マスクなしで心置きなくビールのジョッキを傾けたい」と思っている人は多いと思います。

(BSテレ東日経モーニングプラスFTコメンテーター 村野孝直)

値段の方程式
BSテレ東の朝の情報番組「日経モーニングプラスFT」(月曜から金曜の午前7時5分から)内の特集「値段の方程式」のコーナーで取り上げたテーマに加筆しました。
MONO TRENDY連載記事一覧