SKY-HI 15人に絞る審査で重視した思考力と表現力連載 SKY-HI「Be myself, for ourselves」(4)

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

AAAのメンバーでもあるSKY-HI(日高光啓)のマネジメント&レーベル「BMSG」が主催するボーイズグループのオーディション「BMSG Audition 2021 -THE FIRST-」は、ここに来てさらに注目度を高めている。理由は、才能あふれるオーディション参加者たちが見せるパフォーマンスのクオリティーと、アーティストとしての資質を重視するSKY-HIの独自のポリシー、さらにはオーディションならではのドラマ性もあるだろう。現在、動画配信のHulu(本編)と日本テレビ系の『スッキリ』(本編ダイジェスト版)で4次審査の配信・放送が進んでいるほか、少し遅れて、BMSGの公式YouTubeチャンネルでの無料配信も行われている。

新しいボーイズグループ結成のためにオーディションを開催しているSKY-HI(日高光啓) (写真:上野裕二)

<<第3回「オーディション課題曲で伝えたかった『意志』」

今回は、現在公式YouTubeチャンネルで配信が進む、3次審査を振り返り語ってもらった。この3次審査では30人から15人に絞り込まれる。まず30人を6つに分け、3つの課題曲を2グループずつに課した。この条件だけを見るとバトル形式のようだが、実際には個人のアーティストとしての適性を見るもの。しかも、グループが決まってから課題曲を披露するまでの時間はたった24時間程度という過酷な条件下で行われた。

「ここに掛ける時間が短かったのは、コロナ禍という状況に加えて、スケジュール的・予算的な制約もありましたが、人を絞り込むためには、これで十分でした。課題曲の練習に時間を掛けて、できないことができるようになるのが見たいわけではないですから。この審査について彼らには、『(アーティストとして必要な)思考力と表現力を見る』と伝えていましたが、もう少し具体的に言うと、楽曲を自分で解釈して音楽を自分の体の中に入れ、自分の頭を使って、どうパフォーマンスしたら自分が今持っている技術を使って1番楽曲を表現できるかっていうのを見たかった。

チームAとチームBの課題曲は僕の楽曲『Sexual Healing』。全グループを通して、最初にまず組んだのはチームBです。ここのメンバーは歌もダンスもラップもできるし、技術も高い。ただ、みんなアクも強い。最終的にデビューさせるグループは、アクがないグループには絶対したくないけれども、もし、ここのメンバーがチームとして向かないようであれば、早い段階で見切りをつけないといけないと考えて1カ所にまとめたのが事実です。アクの強さを100%生かした形で、いかにチームワークが完成したものを見せられるかがこのチームの課題でした。

一方で、チームAは、今の段階ではダンスか歌か、どちらかに能力が偏っているメンバーが多い組。ステージ上でパフォーマンスをして、見ている人に届ける意識の有無を個々に見ていきました。

具体的には、歌っているときの目線の位置やマイクの使い方1つにも、ステージを見ている人へ何かを伝えようとする意志が表れてしまう。伝えたい意志があれば、表情でも表現できるし、マイクを自分の口元から離すこともないんです。マイクの距離をコントロールして歌に色をつけるマイキングとは全く別で、歌の途中でマイクを完全に離してしまう方は少なくないのですが、そうなるとそもそものスタート地点に立てないんです。

ダンスや歌への自信のなさをパフォーマンスに出してしまうのも良くない。技術はあとから付いてくるものだと思っているので、ここでは大きな問題ではないのですが、往々にして言えるのが、歌かダンスのどちらかに自信がない場合、その自信のなさがパフォーマンスからすごく伝わってきてしまう。自信があるほうを披露したときにも、自信が完全には切り替えられず、チグハグな印象だけが残ってしまうことがあります」

注目記事
次のページ
大きな伸びしろを感じる出会いもあったが